おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / グラフィックボードを搭載した最安値のBTOパソコン

グラフィックボードを搭載した最安値のBTOパソコン

投稿日: 更新日:

CPUは年々新しい物が発売され、それに伴いグラフィック性能も進化しています。今では普通の動画を再生するだけなら、CPU内蔵グラフィックスだけで十分なほどです。

しかしそれでもグラフィックボードの性能のほうが遥かに優れていることは確かです。高画質でフレームレートの高い動画を滑らかに再生したい、ちょっとした3Dゲームをプレイしたい、写真編集や映像編集をしてみたい、と思うならグラフィックボードを搭載したパソコンを使ったほうがいいです。

BTOなら安いグラボ搭載PCがあります

パソコンにある程度詳しいあなたは「グラフィックボードが搭載されたパソコンで価格が高いでしょ!」と思うかもしれません。でも大丈夫!BTOパソコンならグラフィックボードを搭載していても10万円以下で購入できます。

もちろんグラフィックボード搭載パソコンは性能も価格もピンきりです。そこでドスパラ、mouse、パソコン工房の三大BTOメーカーで最安値のグラフィックボード搭載BTOパソコンを探してみました。

GeForce GTシリーズ

とにかく安いグラフィックボード搭載パソコンが欲しいなら、GeForce GTシリーズが狙い目です。ゲーム用のGeForce GTXシリーズよりも性能は劣るものの、高画質な動画再生や画像編集には一番ちょうどいい存在です。

今はGeForce GT1030だけが市場に出ていて、ドスパラに最安値のBTOパソコンがありました。raytrekシリーズはクリエイター向けパソコンで、CPUやメモリ、ストレージは素晴らしい物が搭載されています。こんなにスペックの良いデスクトップが10万円以下で買えるのはドスパラだけです。

raytrek HBの価格を見る

GeForce GTXシリーズ

3Dゲームをプレイしたいなら最低でもGeForce GTX1050が必要です。重いゲームはまったく駄目ですけど、軽いゲームなら大丈夫です。少なくともCPU内蔵グラフィックス(インテル UHD グラフィックス等)よりも遥かにサクサク動いてくれます。

GeForce GTX1650を搭載したBTOパソコンで最安値なのがドスパラの「Magnate IS」です。激安なのはいいですけど、CPUがCore i3、ストレージは240GB SSDだけとちょっと微妙です。せめて240GB SSD + 500GB HDDにカスタマイズしてから購入したいです。

Magnate IHの価格を見る

Quadroシリーズ

グラフィックボードはGeForceシリーズ以外にQuadroシリーズもあります。一部のクリエイターはQuadroを使っています。精密な計算が得意なだけでなく、32bitカラーにも対応しているため、プロの漫画家やイラストレーター、CADユーザーが使用しています。

Quadroシリーズで一番安いのはQuadro P620です。Quadro P620を搭載した最安値のデスクトップもやっぱりドスパラでした。ドスパラはどのパーツ構成でも、mouseやパソコン工房よりも安くて凄いです。

レイトレック LC-Mの価格を見る

GeForce MXシリーズ

BTOノートパソコンならGeForce MXシリーズがおすすめです。GeForce GTXシリーズよりも格段に安いです。ただゲームをプレイするのはほぼ無理です。ノートパソコンで高画質な動画を見たい人におすすめします。

Critea VF-HEKSの価格を見る

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。