おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / 4Kの解像度におすすめのBTOパソコン

4Kの解像度におすすめのBTOパソコン

投稿日: 更新日:

画質にはいくつかの意味がありますが、一番大切なのは解像度です。ドットが細ければ細かいほど繊細で綺麗な写真や映像になります。そして画像や動画の解像度がどんなに細かくても、液晶モニターの解像度が低ければ意味がありません。

近年、徐々に高い解像度の液晶モニターが増えてきています。Youtubeでは4Kの動画が見つかりますし、ゲームでも最大解像度4Kのものがいくつもあります。

4KはFHDの4倍!

では4Kってなんでしょうか?4KとはFHD、つまりフルHDの4倍の解像度という意味です。現在主流なのがFHDで、1920×1080のドット数です。

特に意識せずテレビや液晶モニターを購入すれば、どれもFHDです。動画もゲームもFHDが前提になっています。さらなる高画質を求めると4Kが候補に上がってきます。8Kもあるのですがコンテンツがまったく追いついていないのでおすすめしません。

FHDが1920×1080なのに対し、4Kは3840×2160です。数値だけ見ると2倍のように感じますが、実際には4倍です。そうなるとパソコンに求められる性能も4倍必要になってきます。

だから「4Kのコンテンツを楽しみたい!」と思ったら、それに見合った高性能なパソコンを使わなければなりません。決して4Kの液晶モニターを買うだけでは駄目なのです。

用途別4KにおすすめのBTOパソコン

とはいえ何の4Kなのかによって重さは大きく変わってきます。そこで用途別に4KにおすすめのBTOパソコンをご紹介します。

4Kの動画を再生する

多くの人が気軽に楽しめるのは4K動画でしょう。上記の通りYoutubeには4Kの動画が結構あります。FHDより圧倒的に綺麗な画質で動画を楽しめます。

4Kの動画を再生するためには高いグラフィック性能が必要になります。でもCPU内蔵グラフィックスでもなんとかなります。ただ念のためエントリーモデルのグラフィックボードを搭載しておいたほうが安心です。

となると10万円程度のデスクトップで十分です。おすすめはGTX1050を搭載した「ガレリア DS」です。ストレージだけは250GB SSD + 1TB HDDのようにSSDを追加することを忘れないようにしてください。

4KでPCゲームを遊ぶ

PCゲームを4KでプレイするためにはハイエンドゲーミングPCが欠かせません。もちろんゲームによって重さは異なるのですが、4K解像度を用意しているゲームって基本的にどれも重いです。

FHDでさえ重いゲームを4Kにするのですから、とてつもないグラフィック性能が要求されることは容易に想像できます。おすすめはRTX2080Tiのグラフィックボードを搭載した「ガレリア ZZ」です。144fpsは無理でも60fps以上は出せるはずです。

4Kで動画編集する

動画編集や映像制作で4Kを扱う場合、ソフトが重くなるのもそうですけど、それ以上にエンコードに異常な時間がかかります。グラフィック性能よりもCPUの性能が重要です(ソフトウェアエンコードの場合)。

エンコードを高速にするためにはコア数とスレッド数の多いCPUを選んでください。メモリは32GBあったほうがいいです。おすすめのBTOパソコンは「raytrek XXG」です。4K動画制作用のクリエイター向けPCなので安心です。

CPUはCore i9-9980XEで18コア・32スレッドです。最近人気のCore i7が6コアや8コアなので、こちらのほうが素早くエンコードを完了できます。メモリやストレージもいいですね。

高解像度でRAW現像する

4Kとは話がズレますが、RAW現像はそこそこ高性能なBTOパソコンで大丈夫です。動画編集に比べたら全然重くなりません。mouseのクリエイター向けPCには高解像度RAW現像向けのBTOパソコンがあります。

DAIV-DGZ530U2-M2SS-BRAW」はCPU、メモリ、グラフィックボード、ストレージがすべてハイスペックです。これならRAWファイルを何枚も読み込ませてもサクサクです。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。