おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / 売れ筋ランキング上位の人気BTOデスクトップパソコンまとめ

売れ筋ランキング上位の人気BTOデスクトップパソコンまとめ

投稿日: 更新日:

新しくパソコンを購入するのなら、性能も良くて値段も安いBTOパソコン一択ですが、BTOパソコンと一口にいってもパソコンの数が膨大なので、どれを選んで良いのか迷うことありますよね。

そこで、一つの指標として「BTOパソコンの売れ筋」商品を選んでみるという方法があります。多くの人から選ばれるということは、性能面でも価格面でも多くの人から支持を受けているというわけなので安心感が違いますよね。

ドスパラならどのBTOパソコンが人気かわかる!

BTOパソコンメーカーの中で売り上げランキングを掲載しているのは「ドスパラ」です。カテゴリー別でランキングが載っているので、どの型のパソコンがどれが人気なのか一目瞭然になっています。パソコン以外でもパーツやディスプレイなどにもランキングがあるのが面白いです。

今回はこのドスパラの売れ筋ランキングから今売れ筋のパソコンを紹介していきます。また、ペイントソフトがさらに快適に動くようにどのようにカスタマイズするべきなのかも書いていますので、もし購入される際はぜひ参考にしてみてくださいね。

ドスパラ売れ筋ランキング「ゲーミングPC編」

ゲーミングPCとはパソコンでゲームが快適に動作するようなハイスペックPCを指します。ゲームは基本的にグラフィックボードの性能の善し悪しが大きなウェイトを占めるため、高性能なグラフィックボードを搭載していることが多いです。ただ、ゲームはあまりメモリの搭載量は動作上そこまで関係がないのでメモリ量が少ないことが多いのです。

ゲーミングPCを購入するのであれば、メモリ量とSSD搭載量に注目しましょう。メモリが少なければカスタマイズで増やしてあげると良いです。SSDは余裕があれば250GB程度搭載してあげるとさらに快適になります。

第1位:ガレリア XT

CPU Core i7-7700(4コア/定格3.60GHz/最大4.20GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック GeForce GTX1060(6GB)
ストレージ 250GB SSD + 2TB HDD

ガレリア XTの価格を見る

ゲーミングPC第一位はグラフィックボードにGTX10シリーズの1060を搭載したモデルです。メモリ量やSSD 250GBも搭載しているのに15万程度とかなりコスパが良いパソコンになっています。

このまま購入してもペイントソフトもサクサクですし、ゲームも快適に動くこと間違いなしです。メモリは標準で8GB搭載なので、不安であれば16GBにカスタムしてあげましょう。

第2位:ガレリア XF

CPU Core i7-7700(4コア/定格3.60GHz/最大4.20GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック GeForce GTX1070(8GB)
ストレージ 250GB SSD + 2TB HDD

ガレリア XFの価格を見る

こちらは第1位のガレリアXTよりもグラフィックボードの性能と価格が一段階あがった1070を搭載したモデルです。XTとの違いはそこだけです。パソコンでゲームを頻繁にプレイするならこちらの方がおすすめです。

第3位:ガレリア ZZ

CPU Core i7-7700K(4コア/定格4.20GHz/最大4.50GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック GeForce GTX1080Ti(11GB)
ストレージ 500GB SSD + 3TB HDD

ガレリア ZZの価格を見る

このモデルは上記二つのさらに上位モデルですね。グラフィックボードにさらに性能が上のGTX1080Tiを搭載し、標準搭載メモリが16GBまでアップしています。GTX1080TiはGTX10シリーズ最強のグラフィックボードで、発売してすぐに売れ筋ランキング3位になりました。

このモデルはペイントソフトを動かすだけでなくゲームや3DCGなどの重たい動作まで快適にこなすことが出来るので、高性能で長く使えるパソコンを購入したい方にはぴったりです。

ドスパラ売れ筋ランキング「タワーパソコン編」

こちらは、上記ゲーミングPCモデルを抜いた、デスクトップ型PCのランキングになります。

第1位:Monarch XT

CPU Core i7-7700(4コア/定格3.60GHz/最大4.20GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック GeForce GTX1060(6GB)
ストレージ 500GB HDD

Monarch XTの価格を見る

12万程度で購入出来るミドルスペックPCです。グラフィックボードやメモリなんかもそこそこあるので、動作の軽いゲームなんかでもサクサク動く仕様になっています。もちろんペイントソフトも問題なく動作します。

ただ、ストレージが少ないのでカスタマイズで積んであげるとなお良いです。価格を少しでも抑えて、性能が良い物を購入したいならこのモデルで決まりです。

第2位:Monarch GE

CPU Core i7-7700(4コア/定格3.60GHz/最大4.20GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック インテルHDグラフィックス
ストレージ 500GB HDD

Monarch GEの価格を見る

Monarch XTからグラフィックボードとメモリの性能をぐっと下げたパソコンです。そのぶん価格が安くなっています。ゲームはブラウザゲームなど以外は動作しないものと考えた方が良いです。

ですが、ネットブラウジングやペイントソフトを使うくらいでしたらグラフィックボードはいらないのでそこまで気にする必要はありません。ただ、メモリが8GBとすごく少ないのでカスタマイズで多めに詰んであげましょう。ペイントソフト用のパソコンを少しでも安く購入したい方には狙い目のパソコンです。

第3位:raytrek LC P2

CPU Core i7-7700(6コア/定格3.60GHz/最大4.20GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック Quadro P2000(5GB)
ストレージ 250GB SSD + 2TB HDD

raytrek LC P2の価格を見る

グラフィックボードにクリエイター向けのQuadroを搭載したモデルです。SSDも250GBと多めに詰まれていたりなどクリエイター向けのPC構成になっています。クリエイター向けのパソコンを探しているならこれが一番です。必要に応じてメモリの搭載量を上げてあげましょう。

いかがでしたでしょうか?数多くあるBTOパソコンの中から価格と性能の両方を兼ね備えたパソコンが一目でわかるので、どのパソコンを選べば良いのかわからない方にはぴったりですよね。これ以外にもノートパソコンやディスプレイなんかのランキングを見ても楽しいので、興味がある方は見てみてください。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。