おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / Photoshopを動かす必要スペックとおすすめのパソコン

Photoshopを動かす必要スペックとおすすめのパソコン

投稿日: 更新日:

デジタルイラストを描こうとして使うソフトの中でもPhotoshopを使っている人はたくさんいます。プロの方でも大半がPhotoshopを使ってデジタルイラストを描かれているそうです。

そんなPhotoshopですが、お絵かきソフトの中でもかなり重たいのが特徴なのです。起動するのだけでも他のソフトと比べて断然違います。そしてその起動はパソコンのスペックによって左右されているのです。

今使っているパソコンでPhotoshopを使ってデジタルイラストを描こうとしたら、もしかしたらカクカクでしか動かないかもしれませんし、最悪の場合、作業している途中でPhotoshopが落ちてしまうかもしれません。

そこで今回はPhotoshopを使ってデジタルイラストを描く時、どのようなパソコンを選べばいいのか、その選び方をデータを交えて考えていきます。

Photoshopのメリット・デメリット

そもそもデジタルイラストをこれから始めようと思っている方は、「Photoshopって写真補正ソフトじゃないの?」なんて思っていませんか。確かにPhotoshopの元々の使用目的は写真補正ですが、高い性能の彩色機能、フィルターの数々から今ではイラストを描く際のペイントソフトの代表のようになっています。

Photoshopのメリットはやはり手軽に綺麗な彩色が出来る点です。また、イラストの仕上げの機能も一通り揃っています。しかし、そんな便利なPhotoshopは線画を描くのに向いていないという特徴があります。描けないことはないのですが、手ぶれ補正機能の充実さや描き心地は他のソフトの方が優れています。

Photoshopの動作環境

Photoshopの最新バージョンである、PhtoshopCCの最低必要スペックを基準に見ていきましょう。

OS Windows 7 SP1、Windows 8 または Windows 8.1
CPU Intel Pentium 4(2GHz 以上)
メモリ 2GB以上
HDD 2GB以上の空き容量。インストール時には追加の空き容量が必要
グラフィックス 512MB以上のVRAM
OpenGL 2.0 対応のシステム

公式に記載されている必要スペックをぱっと見た感じだと、低いのがわかりますね。ですが、このスペック表はあまり役に立ちません。Photoshopが起動したとしても、ファイルサイズが大きいとスペックの低いパソコンでは快適に動作することはないからです。

イラストを描く時にカクカクだったり、ペンの動きが遅延するなんてことないようにパソコン選びは慎重に行いましょう。次の項目でPhotoshopが快適に操作できるスペックを検証していきます。

Photoshopが快適に操作できるパソコンとは

Photoshopの起動時間が気になるならストレージに注目

Photoshopを起動してまず気になるのが、アイコンをクリックしてから起動が完了するまでの時間でしょう。SAIなどのペイントソフトだとほとんど気にならないと思いますが、Photoshopだとパソコンの性能の差によって起動時間に差が出てくるのです。これの大きな原因はストレージと呼ばれる部品が該当します。まずはストレージから見ていきましょう。

ストレージは、HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類に分けられます。どう違うのかについて書くと長くなるので省略しますが、要はSSDだと読み込みが早く、HDDだと読み込みが遅くなると考えて下さい。つまりSSDを搭載していれば起動が早くなるわけです。簡単ですね。

ですが、SSDは大容量になればなるほど価格が高くなってしまいます。予算がたくさんあれば問題ありませんが、そうは言ってられません。そこで比較的価格が安めなHDDが役に立つわけです。

つまりSSDとHDDを両方とも搭載するとばデータをたくさん保存出来る上にソフトの起動が早くなるというわけです。オススメは「SSD:240~500GB+HDD:1~2TB」の組み合わせです。

Photoshopを軽快に動かしたいならメモリを気にしよう

Photoshopは低スペックPCだと非常にカクカクします。この原因としてメモリ不足があげられます。メモリとは一時的にデータを保存しておける場所のことで、アプリケーションの動作に関係してくる部品になります。

つまり搭載しているメモリが増えるとPhotoshopが快適に動く、ということになります。オススメは16GBですが、もしサイズの大きいファイルを編集したいならもっとメモリを積みましょう。

Photoshopの動作にグラフィックボードは関係あるの?

パソコンでゲームをする場合の最重要パーツであるグラフィックボードですが、Photoshopではどうでしょうか。基本的にはあまり関わりがありませんが、Photoshopの機能の一つであるフィルターを快適に動かす際に重要になります。

また3D機能でもグラフィックボードの性能が必要になってくるので、この2点を重要視するのであればグラフィックボードも考えて購入をしましょう。ゲームもプレイするのであれば、GTXシリーズをオススメします。

Photoshop用おすすめパソコン

以上を踏まえてPhotoshop用のおすすめパソコンを紹介させていただきます。Photoshopを快適に使いたいのならこのパソコンで決まり!な物を選びました。Photoshopは基本的に一番重要なパーツは「メモリ」なのですが、メモリはカスタムなどで自分で変更しなければならないので注意してください。

ドスパラ「raytrek debut! LC-M」

CPU Core i7-7700(4コア/定格3.60GHz/最大4.20GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック Quadro P600(2GB)
ストレージ 1TB HDD

raytrek debut! LC-Mの価格を見るraytrek debut! LC-M 評価・レビュー

安心のドスパラのBTOパソコンモデルになります。標準メモリ搭載量が8GBに加え、クリエイター向けグラフィックボードのQuadroが採用されています。また、出荷も早いためいち早く欲しい方にもピッタリです。ただし、メモリは16GBのほうがおすすめなのでカスタム画面で増やした方が良いです。

ドスパラ「raytrek-V Adobe CC推奨モデル MX」

CPU Core i7-7700(4コア/定格3.60GHz/最大4.20GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック GeForce GTX1050(2GB)
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

raytrek-V Adobe CC推奨モデル MXの価格を見るraytrek-V Adobe CC推奨モデル MX 評価・レビュー

15万円以内で購入出来るタイプで、構成も文句なしで更にGTX1050を搭載しているため、なんと言ってもAdobe CC推奨モデルですからPhotoshopでのイラスト制作にぴったりなBTOパソコンです。値段、コスパは文句なしで超オススメのモデルです。

ドスパラ「raytrek GKF1050TGF」

CPU Core i7-7700HQ(4コア/定格2.80GHz/最大3.80GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200/シングルチャネル)
グラフィック 15.6インチ、GeForce GTX1050Ti 2GB
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

raytrek GKF1050TGFの価格を見るraytrek GKF1050TGF 評価・レビュー

どうしてもノートパソコンでお絵かきしたいという方におすすめなのがこのモデルです。SSDにHDD、メモリは8GBですがカスタム可能など一通り必要なスペックが揃っていて、さらにクリエイター向けに人気なグラフィックボードGTX1050Tiが搭載されているのに約15万円という安価で購入出来ます。Photoshopでのお絵描き、写真編集だけでなくオンラインゲームもプレイ可能な性能です。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。