燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / 漫画家のデスクワーク腰痛対策!椅子やグッズで経費になる物も?

漫画家のデスクワーク腰痛対策!椅子やグッズで経費になる物も?

投稿日: 更新日:

1日15時間椅子に座りっぱなしな事も多い漫画家。腰痛は職業病であり全ての漫画家が抱えている深い悩みのひとつです。ハードな仕事をこなす漫画家はどんな腰痛対策をしているのか?まとめてみましたよ。

デスクワークと腰痛は切っても切り離せない関係

近頃デスクワークをする人が増え、腰痛の悩みに直面している人も多いですよね。

デスクワークと腰痛は実は切っても切り離せない関係で、ギックリ腰は漫画家の職業病とも言われているくらいデスクワークでの腰痛の悩みは深刻です。

1日15時間座りっぱなしは当たり前。食事の時間を取るのも厳しいようなハードな日々を送っている漫画家は、果たしてどのような腰痛対策をしているのでしょうか。

プロ漫画家の腰痛対策は1番に良い椅子を買う事!

まず第一に椅子です。「椅子だけは良いものを!」と多くの漫画家が口を揃えます。

実際私も6千円の椅子を使っていた時はあまりの腰の痛みに1日で座っていられなくなり立って作業をするハメになり。

ちょっと奮発して2万円の椅子を買うも腰は一週間ももってくれずやはり立ちっぱなしで作業する事に……。

そこでもう思い切って超奮発して、ハーマンミラーのセイルチェアという椅子に買い換えたら、なんとびっくり全く腰痛が気にならなくなりました。

一度ぎっくり腰になると繰り返しやすくなると言いますし、ずっとお仕事を続けていくためにも腰は大切にしたいものです。

ハーマンミラーのアーロンチェアやセイルチェア、オカムラのコンテッサあたりが人気ですので是非チェックしてみてください。

ちなみに前傾チルトは必須!のような意見をたまに耳にしますが、私の場合は前傾にしたら逆に腰が痛くなり結局前に倒さずに使っています。機能はついているに越したことないですが、普通に座っている状態で問題を感じていなければ必須というわけでもないでしょう。

漫画家が腰痛対策にやっているマッサージや体操

座りっぱなしの仕事をするのであれば、椅子は本当に、本気で、けっこう無理してでも買った方が良いと私自身も実感しておりますが、それでもやはり難しい金額です。

良い椅子を買うのが難しいならマッサージや体操で腰痛対策をしましょう。

仰向けに寝転がって、体をダランとリラックスさせながら左右にゆらゆらと揺れましょう。デスクワークで疲れがたまっていると背骨全体がポキポキミシミシと音を立てます。毎日していると背骨の歪みが改善されていき、腰痛も軽くなっていきますよ。

他にも、椅子に手をかけて左右にゆっくり捻ったり、前後にゆっくり体を倒したりといった、椅子に座ったままちょっとしたスキマ時間にできる体操が人気です。腰回りを定期的に動かすだけでも腰痛はだいぶ軽くなりますよ。

マッサージは、こう言っては元も子もないのですがマッサージチェアやグッズを活用したり整体など誰かにやってもらう漫画家が多いように思います。セルフでやるより、人や道具にやってもらって仮眠や休憩にあてたいという漫画家が多いのでしょうね。

マッサージは何かに頼ってやってもらう事ができますが、体操ばかりは自分にしかできないので、1回5分で良いので疲れを感じた時に動かしてみてくださいね。

腰痛対策グッズ!漫画家が使っているのはコレ

漫画家が使っている腰痛対策グッズは、ズバリ!湿布です。

ガックリきた方も多いかもしれませんが、時間の無い中で腰の痛みを和らげてくれるグッズは湿布が一番なんですね。

ところで、急激な痛みには冷湿布、慢性的な痛みには温湿布と、それぞれ役割が違うのをご存知ですか?選び方を間違えると悪化させてしまうので気を付けてくださいね。痛み始めたばかりなら冷湿布、痛みが慢性的なものになってきたら温湿布です。

あとはサポーターをおすすめする漫画家も居ました。腰につけるだけで腰痛がスッと楽になるという事で、忙しい漫画家の間でも高評価でした。

そこまで忙しくないよ!という人でも、運動グッズのような頑張る必要のあるものや姿勢を強制的に正すグッズのような長時間使用のキツいものは長く続かないですよね。身に着けるだけで痛みを和らげる湿布やサポーターは万人におすすめできるグッズでしょう。

経費で落ちるの?腰痛対策のグッズや治療費

たまに話題になるのが、デスクワークによって起こった腰痛に対する治療費やグッズは経費になるのかどうか?というものです。漫画家をしていなければ腰痛とは無縁だったでしょうから、できる事なら経費で落としたいところですが……。

結論から言うと、基本は経費になりませんが、一部経費になるものがあります。

それは、「医療機関で受けた治療」や「医療機関で処方された湿布などの薬品」です。

整体や針灸での治療は基本は経費にならないのですが、医療機関と定められた施設なら治療と認められ経費で落とす事ができるのです。

あまりにも腰痛が深刻で治療が必要なら、正式な治療と認められる施設を予め調べて行くと良いですよ。

そして、忘れてはいけないのが椅子。

これは、なんと経費になります!仕事用として揃えた家具は、仕事専用で使うのであれば消耗品費になります。腰痛のどうしても辛いフリーランスの皆様。椅子、是非買いましょう。

まとめ

腰痛対策という事で、実際に漫画家の間で定番となっている対策をご紹介いたしました。腰痛と戦い続けながらハードな生活を送っている漫画家だからこその情報。それは長年の戦いの末に導かれた先人たちの知恵です。

腰はギックリ腰やヘルニア等で一度大きく痛めると繰り返しやすくなります。デスクワークで腰痛が辛いときは、決して無理をしないでくださいね。

良い椅子は、本当に良いです。全然違います。仕事のパフォーマンスにも関わってくるので、デスクワークでフリーランスで活躍するなら間違いなく買っておいた方が良いです。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。