クリエイター向けPCの選び方

ホーム / クリエイター向けPC / クリエイター向けPCの選び方 / パソコンの正しい買い替え方とおすすめの買い替え時期

パソコンの正しい買い替え方とおすすめの買い替え時期

投稿日: 更新日:

パソコンには寿命がある!?

パソコンの値段はピンからキリまでとは言いますが、新品を購入しようとするならどんなに安くても数万は下りません。でもパソコンって実は消耗品な上に様々なソフトの必要スペックの上昇などでずっと同じモデルを使い続けるのは難しいんです。中にはそれでも問題ないという方もいますが、あまり長期間使い続けるとパソコンが寿命を迎える可能性が発生します。

パソコンにはよく寿命があると言われています。この時の寿命の意味ですが、=故障ということではありません。一時的に故障したとしても物理的なものであれば直るものも多いためですね。では寿命とは何のことでしょうか。それはデータを保存する際に必要なストレージ、つまりHDDやSSDの寿命です。

一般的にはHDDよりもSSDの方が寿命が短いと言われていますが、そういうことはなくどちらも大体5年前後とされています。今使っているストレージの寿命を知る方法としてはフリーソフトを使うのが簡単です。

寿命を迎えると書き込んだデータが端から壊れていきます。実際には書き込めはしますが保存した途端にデータが壊れるということですね。こうなってはパソコンは使い物になりません。前回パソコンを購入してからかなり時間が経っている方、そろそろパソコンの買い換えを検討してみては如何でしょうか?今回はパソコンを買い換える際についてのアレコレを解説していきます。

パソコンを買い換えるなら前のパソコンは処分する?

パソコンを買い換える際に出てくる問題点でも一番大きいのは前のパソコンの取り扱いではないでしょうか?使う予定はないならパソコンの下取りに出すという方法もありますが、実は下取りに出したとしてもそんなに良いわけではないんです。新しく購入するパソコンから1000円引きくらいされるのが一般的です。

ただパソコンは通常の方法では捨てられません。資源有効利用促進法という法律により自治体でデスクトップやノート、一体型といったパソコン本体はもちろん、ディスプレイなども処分できなくなっています。要は粗大ゴミなどで出せないというわけです。パソコンを捨てるとしたら回収してくれるところに出すなど結構面倒な手順を取らなくてはいけないのです。

どうしても2台目として持っておきたいなら別ですが、処分が結構面倒な点も鑑みると基本的に前に使っていたパソコンは下取りなどを利用して引き取って貰っていた方が良いです。こういった下取りサービスもBTOパソコンメーカーでは行っています。

大体は新しいパソコンを注文する際に下取りサービスに申し込み、古いパソコンを段ボールに入れて送るといった方法が一般的です。この辺は各BTOメーカーのHPから確認しましょう。実はこの下取りにも時々キャンペーンをやっていることがあり、やたらと高く買い取ってくれたりすることもあります。見かけたらぜひ利用してみましょう。

パソコンを処分する際は引き取って貰う前にデータの削除だけは忘れないようにしておきましょう!

パソコンをお得に買える時期があるって本当?

これは本当です。新年度や年末年始などのタイミングによっては割引セールをやることがしばしばあります。中には突発的にセールが始まることも・・・少しでも購入したいのならお得になるセールのタイミングを狙って買い換えるという方法もありますね。ではパソコンが激安になりやすい時期を見ていきましょう。

年末年始

年末年始はほとんど全ての業界でセールが開催されますよね。在庫一斉処分だったり、年末年始特別セールだったり・・・パソコン系も例に漏れずセールを行っている事がほとんどです。高い確率でセールが開催される時期でもあり、軒並みセールをやっているので価格競争が起きてさらに安くなっていることだって珍しくありません。どうしてもセールで安いパソコンが欲しいのなら年末年始を狙ってみるのがオススメです。

夏休み

これも意外と思うかもしれませんが、学生が長期間の休みに入る時期なのでパソコンゲームで遊ぶ機会も多くなります。それに合わせてBTOメーカーなどがパソコンのセールを行うことがあります。

ただし夏休みと一口にいってもかなり長めなのでセールのタイミングがつかみにくいので、小まめにHPをチェックしてセールを行っているか確認する必要があります。

3月や4月の年度の初め頃

新年度に入ると大学や高校に入学する際や引っ越しを行う際に新しくパソコンを購入する人がもの凄く増えます。大学の生協などで販売されているパソコンは性能の割にやたら高いので全くオススメできませんが・・・。

このタイミングで各BTOパソコンメーカーが新年度セールを毎週のように開催するようになります。年末年始と同じくらいパソコンが売れる時期なのでメーカーも気合いが入っているというわけです。

時期を見ているとボーナスの時期にセールを行う事が多いですね。ただしセールは長期間あるものではないですし、セールを待っていて購入をためらってしまっては本末転倒、買いたいと思った時が買い時だという事を忘れないで下さい。

買い換える際にオススメのパソコン

セールでパソコンを買い換えるにしろ何にしろ、別に選択肢は一つだけではないので選ばなくてはいけません。パソコンを選ぶ際の注目ポイントを簡単にまとめてみました。

  • デスクトップかノートか
  • メモリ搭載量に注目
  • 高負荷作業をするなら絶対必要!グラフィックボード
  • そのパソコンにSSDは搭載されていますか?
  • 見落としがちな光学ドライブ

デスクトップを選ぶかノートを選ぶか

選ぶなら断然デスクトップですね。ノートパソコンは性能に制限があったり、排熱の構造の都合上で熱暴走が起きやすかったりなどデメリットがあります。持ち運ぶ予定がないのならデスクトップ一択でしょう。

お絵描きにはノートパソコンよりもデスクトップが断然おすすめ

お絵かきをするならメモリの数字を確認しよう

稀に安いパソコンでもの凄くメモリ搭載量が少ないモデルもあります。安定して作業するためにもメモリは8GBあると良いです。

イラスト制作用PCにおすすめのメモリ量は何GBか

パソコンゲームは必須!グラフィックボード

安いモデルはほぼ必ずグラフィックボードがなくオンボード搭載になっています。オンボードの場合はグラフィックス○○などと書かれています。

逆に搭載されているのならGTXやQuadroと書かれています。グラフィックボードが搭載されていないとパソコンゲームは起動しません。またこのパーツの善し悪しでゲームが快適にプレイ出来るかどうかが変わってきます。必要な時に使えないなんてことがないように搭載しているパソコンの方が安心ではあります。その分お値段が高くなりますが・・・。

オススメはGTX1080、最近グラフィックボード自体が安くなってきたので高性能なものを買った方がお得です。

イラスト制作にグラフィックボードって必要?Quadro、GeForce、グラボなしを比較

SSD搭載でパソコンの動作がサクサクに!

ストレージの欄にSSDの文字があればそのモデルはSSD搭載モデルです。SSDが搭載されているとパソコンの起動が早かったり、データを開いたり保存したりする速度が速いです。快適なパソコンを使いたいのならSSD搭載モデルを選びましょう。

ストレージの選び方!SSDでイラスト制作が速くなる

光学ドライブの有無は絶対に確認しよう!

パソコンを購入した後でDVD-Rを入れる場所がない!といった事態になる方って割と多いんです。BTOパソコンはカスタマイズに長けているのですが、最初から光学ドライブを搭載せずにオプションで選ばなければいけないことがあるんです。気づかずに頼んで後で後悔する、なんて事がないように確認だけは怠らないようにしましょう。

CD / DVD / Blu-ray を読み込む光学ドライブの選び方

おすすめの記事