クリエイター向けPCレビュー

ホーム / クリエイター向けPC / クリエイター向けPCレビュー / 限定モデル!mouse DAIV-DGZ510E1-SH2-AN 評価・レビュー

限定モデル!mouse DAIV-DGZ510E1-SH2-AN 評価・レビュー

投稿日: 更新日:

前回、mouseと絵師ノートのコラボPCである「DAIV-DQZ510S3-SH5-AN」をレビューしました。Quadro P2000を搭載したハイスペックPCです。ただ、そこまでハイスペックが必要ではない人もたくさんいます。

例えば趣味でちょっとしたお絵描きができればいいとか、軽いゲームを遊ぶとかなら格安PCのほうがおすすめです。そんなわけでコラボPCのなかで一番安い「DAIV-DGZ510E1-SH2-AN」をご紹介します。

DAIV-DGZ510E1-SH2-ANのスペック

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i5-7400(4コア/定格3.00GHz/最大3.50GHz)
メモリ グラフィックボード
8GB(PC4-19200) NVIDIA GeForce GTX1050 2GB
ストレージ チップセット
240GB SSD + 1TB HDD インテル Z270 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W 80PLUS SILVER

DAIV-DGZ510E1-SH2-ANの価格を見る

お絵描きをする際に使うソフトもキャンバスサイズ、レイヤー数も人によって全然違います。例えばSAIは非常に軽いお絵描きソフトですから、エントリーモデルやミドルスペックくらいのパソコンで十分サクサクです。

重い作業をしないならわざわざ高額なパーツを選ぶ必要はありません。そこでこのDAIV-DGZ510E1-SH2-ANでは「そこそこの性能でコスパが良いパーツ」を採用してみました。例えばCore i7ではなくCore i5だとか、GTX1060以上やQuadroではなく安いGTX1050といった感じです。

クリエイター向けPCやゲーミングPCのなかではエントリーモデルに該当するスペックではありますが、気軽にお絵描きするくらいならまったく問題ない性能です。もちろん力を入れるべきストレージには高速なSSDもしっかり搭載させています。

余談ですが、同じスペックのパソコンをmouseで購入しようとするともっと高額になります。mouseと絵師ノートのコラボPCなので、通常価格よりもかなり安くなっていますよ。

DAIV-DGZ510E1-SH2-ANの外観

DAIV-DGZ510E1-SH2-ANのケース

外観に関しては「DAIV-DQZ510S3-SH5-AN」と一緒なので、そちらのレビューをご覧ください。

DAIV-DGZ510E1-SH2-ANのインターフェイス、接続端子

正面にはマイク入力端子、ヘッドホン出力端子、USB3.0端子が2つ、電源スイッチがあります。電源スイッチは押すのではなく時計回りに捻ります。



背面にはマザーボードのバックパネルとGeForce GTX1050の映像出力端子があります。マザーボードのバックパネルはPS2、USB3.0端子が4つ、USB2.0端子が2つ、LANポート、ラインイン、ラインアウト、マイク入力、リアスピーカー、センター・サブウーファー、サイドスピーカーがあります。Z270チップセットだと大抵この構成です。

GTX1050の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。GTX1060に比べるとDisplayPortが2つ少ないです。

DAIV-DGZ510E1-SH2-ANの内部

左側を開いた様子です。



GTX1050です。Quadro P2000に比べると分厚いですが、GTX1060より遥かにコンパクトです。右上にほうに写っているメモリスロットを見るとわかるように、メモリは8GBのシングルチャネルです。

DAIV-DGZ510E1-SH2-ANの性能を評価

DAIV-DGZ510E1-SH2-ANのPhotoshopの快適性、ストレージ速度、3Dの性能を計測しました。

Photoshopの快適性をテスト

Photoshopでお絵描きをする際、どれくらい巨大なファイルまで快適に扱えるのかをテストしました。速度はそれぞれ3回計測した平均値です。

Photoshopの起動速度

検証内容 秒数
起動速度 6.08秒

PhotoshopをSSDにインストールし、起動速度を計測しました。メモリよりもストレージの影響が強いと思います。なお、SAIなら一瞬で起動完了です。

1500px × 900px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 1.76秒
保存速度 1.85秒
焦点領域の反映速度 2.30秒

気軽にお絵描きするくらいのサイズです。これくらいなら余裕でサクサクですね。

3000px × 1800px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 4.08秒
保存速度 5.56秒
焦点領域の反映速度 4.50秒

ちょっと気合を入れてお絵描きをするくらいのサイズです。5秒程度に収まっているのでなかなか快適です。約10万円のパソコンってことを考えるとコスパいいですよね。

5000px × 3000px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 10.27秒
保存速度 18.24秒
焦点領域の反映速度 17.3秒

ファイルが巨大になればなるほどスペック差が露骨に出てきます。ハイスペックPCより2倍以上の時間がかかってしまっています。特にメモリ量の影響が大きいです。

ストレージの速度

DAIV-DQZ510S3-SH5-ANには480GB SSDと3TB HDDが搭載されています。CrystalDiskMarkでそれぞれの速度を計測しました。左側がSSD、右側がHDDです。

SSDのシーケンシャルリード(連続読み込み速度)は546.3MB/s、シーケンシャルライト(連続書き込み速度)は287.5MB/sです。HDDのシーケンシャルリードは216.9MB/s、シーケンシャルライトは212.1MB/sです。

SSDはシーケンシャルリードは高速ですが、それ以外がいまいち遅いです。予算が余っているならカスタマイズで「NVM Express SSD」への変更をおすすめします。

LuxMark(OpenCL)

LuxMarkのスコアは7554でした。格安グラフィックボードでもCPUの3倍ものスコアです。

CINEBENCH R15(OpenGL)

CINEBENCHはOpenGLが115.43fps、CPUが546cbです。

3DMARK FireStrike(DirectX 11)

3DMARK FireStrikeは5897でした。CPUの10倍くらいのスコアです。そこまで重くない3Dゲームならこのスペックでも60fps出せます。お絵描き用パソコンとしてだけでなくゲーミングPCとしても使えますよ。

DAIV-DGZ510E1-SH2-ANの価格を見る

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。