燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / NEOPIKO(ネオピコ)の水彩筆カラーペンを使ってみました

NEOPIKO(ネオピコ)の水彩筆カラーペンを使ってみました

投稿日: 更新日:

「NEOPIKO(ネオピコ)」のカラーペンをレビューしてみました

アナログ画材には水彩や油彩・色鉛筆などがありますが、イラストで使うとなるとコピックを思い浮かべる方も多いでしょう。事実、アナログでイラストを着色する際のコピック講座は調べればたくさん出てきます。

使いやすいと評判のコピックですが、実際には1本300円ほどと通常のペンの2倍ほどのお値段なのでちょっと足踏みしている方もいるのではないでしょうか。

かくいう私もその口で、何か代わりになりそうなペンはないかと探していたら、画材屋で「NEOPIKO」というカラーペンを見つけました。販売元があのコミック画材の大手「DELETER」ということで、ちょっと気になって試しに購入してみたのでレポートしようと思います。

NEOPIKO-4は水彩系の色合い

今回購入したのは「NEOPIKO-4」の5colorsSetのAのセットとBのセットの2種類です。1セットにつき5本ペンが入っていて1000円程度と割と安価で購入出来るのが最大のメリットですね。一本200円くらいです。

使った印象としてはコピックのようなマーカー系の感じではなく、水彩系の色合いでした。かなり塗りやすくなっていてムラなどがあまり出来ないように感じます。・・・とここまでは通常のコピー紙や水彩紙などで描いた時の印象です。

このペン、滲みやすい紙に描くと途端に色味が変化し、通常の色とは違うくらい発色がよくなります。特にパウダーオレンジなどの黄色系統だと如実でもの凄く色味が濃くなりました。塗りムラもかなり出やすくなるので紙質によってはあまり合わないペンだなと感じました。特に色紙には全く合いませんでした。

・・・とこのような感じになりましたが、滲まない紙ではかなり綺麗な発色が出せますし、何より使いやすく塗りやすいので、着色する紙次第ではこのペンの使いどころかなといった感じです。

気になった方は購入してみてくださいね!

デリーター ネオピコ-4(水彩毛筆マーカー) W20Z 20色セット

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。