燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / お絵かきソフトにはMACとWindowsのどっちのOSがおすすめか

お絵かきソフトにはMACとWindowsのどっちのOSがおすすめか


今現在OSの主流はWindowsになっていますが、昔はイラストソフトを扱うのであればMacが一般的でした。というのも昔のOSだと、Macの方がPhotoshopやIllustratorなどの動作が軽快だったからみたいです。

今は両者にそこまでの差はありません。というより、ゲームなどが出来るWindowsが個人的にはオススメです。どうしてもMacが良いと思わない限りはWindowsの方が良いでしょう。

Windowsにも7や10など違いはあります。BTOメーカーなどを見ると、同じパソコンでもOSがWindows10が導入されているパソコンは安く、Windows7が導入されているパソコンは若干高くなっています。普通だったら安い方をオススメしますが、OSに関しては私はWindows7一択だと思っています。

7の方は長年のアップデートで安定感が抜群ですし、圧倒的なシェアを誇っています。また、Windows10の利点でもあるタッチ機能もデスクトップPCでは恩恵がありません。また、お絵かきソフトも10対応していないものも多いのも事実です。

ただ、今はまだ不満点の多い10ですが少しずつ改善はしています。ある程度時間が経って、ソフトも対応が開始されて使いやすくなったら10への乗り換えもアリかなとは思います。ですが、7が販売されている期間は、とりあえず10ではなく7を選ぶようにしておきましょう。

ここまで書いてきてWindows10は悪いものだというイメージを持ってしまったかもしれませんが、そんなことはないと拒否だけさせてください。理由として、10は7に比べて少し軽くなっていますし、7になかった便利な機能もたくさんついています。サポートも10の方が良いのですが、いかんせんソフトが未対応なのが痛いだけです。大方のソフトが10に対応するのを待っている、というのが正解です。

ちなみに開発者用のOSである「Linux」というものがありますが、これに関しては完全に例外です。そもそもお絵かきソフトが動きませんしサポート外になっています。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。