燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / 人物デッサンの2大指南書(ルーミス・ハム)の使い方

人物デッサンの2大指南書(ルーミス・ハム)の使い方

初めて人物画を描こうと思って参考書を探す時に、ほとんどの方が最初に手にするのは「人体のデッサン技法(ジャック・ハム著)」もしくは「やさしい人物画(A・ルーミス著)」のどちらかではないでしょうか。

ほぼ同時期に出版されたこの二冊は、ほぼ知らない人はいないと言うくらいの致命率を誇っています。でも実際にこの二冊を購入してもなかなかしっくりこない人もいるかもしれません。今回はこの二冊の活用方法を説明したいと思います。

まず、この二冊は目的や内容など、ベクトルが全く違います。どちらかが終わったら残りの方をやる、などとは考えないようにしましょう。具体的には人体のデッサン技法(ジャック・ハム著)を「イラストTips集・リファレンス」、やさしい人物画(A・ルーミス著)を「読み物・ルーミスの画集」と考えると良いです。

人体のデッサン技法はみんなにおすすめ

ジャック・ハムの本は実践的なすぐ使える「人体の描き方」が満載で、初心者から上級者まで幅広く使えるのが魅力です。パーツごとの図版が多く掲載されており、現代の体型からもさほど外れていないので、アニメやイラストを描く人ならずっと使える辞書みたいな使い方が可能になっています。

人体のデッサン技法(ジャック・ハム著)

やさしい人物画はやさしくないので上級者向け

対してルーミスの本は実はタイトルとは全く真逆で「やさしくない上級者向けの高度な本」です。プロポーションなどの解説も一応は載っていますが、連続写真の質もそこまで高いモノではありません。

やさしい人物画(A・ルーミス著)

よく一番はじめに初心者がこの本を購入してギブアップしているのを見ますが、それもそのはず、この本は教習本的ではなくどちらかというとルーミスの哲学書のようなものなのです。読本ですね。

このように性質が全く違う二冊ですが、アニメやイラスト・漫画などを描く参考書として見るなら圧倒的に「人体のデッサン技法(ジャック・ハム著)」が良いです。ですが、余裕があれば二冊揃えるのも良いでしょう。相当有名な本なので図書館などにもおいてあると思うので一度中身を見てみるのも良いですね。

様々なデジタルイラストの練習法

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。