燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / SAIで文字入れをする方法を2つ紹介

SAIで文字入れをする方法を2つ紹介

SAIはソフトも安いし、使い勝手も良いので初心者からプロまで幅広く愛用されています。ですが、SAIにはない機能というのもかなりあります。ですが、いくつかは外部ツールを使えば機能を拡張することができます。今回はSAIで文字を入れる方法について説明します。

SAIには文字を入れる機能はありません。そのため文字を入れたいのなら、いったんPSD形式で保存して、Photoshopなどで開いて文字を入れなくてはいけないのですが、この文字入れも外部ツールを使えばSAI上で編集できるようになります。SAIで漫画を描いている方にも便利だと思うので、ぜひ一度活用してみてください。

SAI_FONT

SAIにダウンロードしないで、作成した文字をSAIに転送するタイプのソフトです。文字の縦書きや横書き、文字装飾なども細かく設定できます。文字装飾は縁取り、グラデーション、角度指定などですね。入力した文字は後から再編集が可能なのも便利です。

また、このソフトは漫画を描かれる方なら一度は体験したことのある、フォントの問題も解決してくれます。漫画は漢字、カタカナ、ひらがなごとにフォントが異なっていることが多いのですが、このソフトは設定だけしておけば後は自動で変えてくれる機能があります。この機能がかなり便利。

また、レイヤーを作成することもできるので細かくレイヤー分けもできます。工夫すればロゴなんかも作れそうです。かなり使いやすいので、またインストールしてない方はインストールしてみることをおすすめします。

SAI_FONの起動には「.NET Framework 2」以降が必要になっています。もし起動できない方は.NET Frameworkをダウンロードしてみましょう。

SAI_FONT

戸閉めフェイサー

このソフトはテキストを画像としてコピー&ペーストして貼り付けることができるタイプの文字入れソフトです。戸閉めフェイサーに入力したテキストを画像としてクリップボードに保存、そのままコピーができるというわけです。

戸閉めフェイサーでもSAI_FONのように、漢字とそうでないものとフォントを分けられたり、縦書きもできます。

戸閉めフェイサー

どちらも一長一短なので、一度触ってみて使いやすい方を使ってみるのはいかがでしょうか。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。