クリエイター向けPCレビュー

ホーム / クリエイター向けPC / クリエイター向けPCレビュー / ドスパラ raytrek R5 評価・レビュー

ドスパラ raytrek R5 評価・レビュー

投稿日: 更新日:

クリエイターが使うソフトウェアって年々重くなっています。代表的なのがPhotoshopで、バージョンアップする度に重くなっていて、起動に時間がかかるようになってしまいました。

だからパソコンを長く快適に使いたいなら、ある程度ハイスペックなモデルを選んだほうがいいです。でも高額すぎるのは嫌ですよね。そんな方におすすめなのがドスパラのraytrek R5です。

raytrek R5のスペック

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i7-10875H(8コア/定格2.30GHz/最大5.10GHz)
メモリ グラフィックボード
16GB(PC4-21300) GeForce RTX2060 6GB
ストレージ チップセット
1TB NVMe SSD モバイル インテル チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ

raytrek R5の価格を見る

約16万円で購入できるクリエイター向けノートパソコンです。少し前に約10万円の「raytrek G5」をレビューしましたが、このraytrek G5のほうが遥かにハイスペックで万能です。

まずCPUのCore i7-10875Hが素晴らしいです。高性能なデスクトップゲーミングPCに搭載されているCPUとほとんど同じスペックです。つまりノートパソコンだからといってデスクトップに負けない性能なのです。

またグラフィックボードのRTX2060もいいですね。3Dを扱うならGTX16シリーズよりRTX20シリーズをおすすめします。ゲームをする際にも快適性が全然違ってきます。

そしてストレージ容量が最初から1TB入っているのも嬉しいです。512GBではどう考えても足りないので、やはり1TB以上が必須です。

raytrek R5の筐体

raytrek R5の外観

15.6インチのノートPCです。サイズは359.8(幅) × 243(奥行き) × 19.9(高さ) mmで、重さは約1.85kgです。このスペックのノートパソコンが2kg未満なのは凄いことです。



液晶モニターのベゼルがとても狭く、画面が大きく見えます。狭いベゼルのほうががノートパソコン本体を小型にできますし、作業の集中力も増すので実はとても大切な要素です。



一般的なノートパソコンのキー配置です。違和感なく使えるでしょう。写真右上のほうにファンコントローラーのボタンが用意されていますが、ゲームやエンコードをする時にだけ使えばいいと思います。

raytrek R5のインターフェイス、接続端子

左側には盗難防止用スロット、有線LANポート、USB2.0、マイク入力、ヘッドホン出力があります。

右側にはSDカードリーダー、USB3.2 gen1が2個あります。

そして後ろ側にはmini-DisplayPortが2個、HDMI、USB3.2 Type-C、電源端子があります。

raytrek R5の性能を評価

raytrek R5のエンコード速度、Photoshopの快適性、ストレージ速度、3Dの性能を計測しました。

エンコード速度をテスト

フルHD 60fps 4分43秒の動画をx264guiExでフルHD 60fpsに再変換する形です。詳しい情報は以下のとおりです。

auo [info]: x264guiEx 2.52 / Windows 10 x64 (19041) / Intel Core i7-10875H @ 2.30GHz [TB: 4.58GHz] (8C/16T)
auo [info]: converting YUY2 -> nv12p, using AVX AVX2
auo [info]: x264 version: 0.152.2851 ba24899 –bit-depth=8 –chroma-format=all
auo [info]: x264 options…
–crf 23 –frames 17020 –input-res 1920×1080 –input-csp nv12 –fps 60/1 -o

encoded 17020 frames, 86.49 fps, 6762.95 kb/s
auo [info]: CPU使用率: Aviutl: 19.86% / x264: 76.35%
auo [info]: x264エンコード時間 : 0時間 3分16.9秒
auo [info]: qaac (v2.64) で音声エンコードを行います。 ABR (AAC) ビットレート指定, 128kbps
auo [info]: L-SMASH muxer (r1453) でmuxを行います。映像: on, 音声: on, tc:off, chap:off, 拡張モード:なし
auo [info]: 総エンコード時間 : 0時間 3分21.7秒

Core i7-10875H + メモリ16GBの性能は偉大です。Core i5-10300H搭載のraytrek G5は5分38秒かっていたので、raytrek R5のほうが68%も高速です。この結果からわかるように快適性を向上させたかったり、無駄な時間を削減したかったりするなら、raytrek R5のような高性能クリエイター向けPCを使うべきです。

Photoshopの快適性をテスト

Photoshopでお絵描きや写真編集することを想定して、性能を検証しました。

Photoshopの起動速度

検証内容 秒数
起動速度 6.56秒

3回計測した平均値です。

写真を50枚読み込み

検証内容 秒数
読み込み速度 19.21秒

6000 x 4000pxの写真を50枚開いて、読み込みが完了するまでの速度を計測しました。

1500px × 900px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 0.92秒
保存速度 0.94秒
焦点領域の反映速度 1.47秒

3000px × 1800px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 2.54秒
保存速度 2.78秒
焦点領域の反映速度 2.55秒

5000px × 3000px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 6.33秒
保存速度 6.26秒
焦点領域の反映速度 2.74秒

全体的に非常に高速です。この速度を出せるノートパソコンは早々ありません。

ストレージの速度

raytrek G5には1TB NVMe SSDが搭載されています。CrystalDiskMarkというソフトでSSDとHDDの速度を計測しました。

SSDのシーケンシャルリードは3427.6MB/s、シーケンシャルライトは2998.2MB/sです。raytrek G5よりraytrek R5に搭載されているSSDのほうがずっと高速です。NVMe SSDの種類によっては大きな速度差があることは覚えておきましょう。

LuxMark(OpenCL)

LuxMarkは20081でした。さすがRTX2060です、GTX1650Tiより66%も高いスコアです。

FurMark(OpenGL)

FurMarkは5769でした。CPU内蔵グラフィックスの10倍近いスコアです。3Dを扱うなら絶対にグラフィックボード搭載パソコンを選んでください。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

3DMARK FireStrikeは14597でした。多くの3Dゲームが快適に動く性能だと判明しました。もちろん3DCG制作だってサクサクこなせます。こんな高性能なノートパソコンが約16万円だなんて、あまりにコスパの良さに驚きます。

raytrek R5の価格を見る

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。