クリエイター向けPCレビュー

ホーム / クリエイター向けPC / クリエイター向けPCレビュー / 限定モデル!mouse DAIV-DGZ510S1-SH2-AN 評価・レビュー

限定モデル!mouse DAIV-DGZ510S1-SH2-AN 評価・レビュー

投稿日: 更新日:

mouseのクリエイター向けPCブランドである「DAVI」と当サイト「絵師ノート」のコラボPCは3種類があります。1つ目はQuadro P2000を搭載したプロ向けの「DAIV-DQZ510S3-SH5-AN」、2つ目はGeForce GTX1050を搭載した初心者向けの「DAIV-DGZ510E1-SH2-AN」です。

そして最後の3つ目が今回レビューするGeForce GTX1060を搭載したDAIV-DGZ510S1-SH2-ANです。コラボPCのなかではもっとも汎用性が高く万能なスペックなので、お絵描きだけでなくゲームやエンコード、画像編集等ありとあらゆる用途におすすめです。

DAIV-DGZ510S1-SH2-ANのスペック

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i7-7700(4コア/定格3.60GHz/最大4.20GHz)
メモリ グラフィックボード
16GB(PC4-19200) NVIDIA GeForce GTX1060 3GB
ストレージ チップセット
240GB SSD + 2TB HDD インテル Z270 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W 80PLUS SILVER

DAIV-DGZ510S1-SH2-ANの価格を見る

GeForce GTX1060は世界で一番人気のあるグラフィックボードです。コスパが良いっていうのもありますが、それ以上になんでもできる性能なのが理由です。Photoshopでお絵描きするなら十分な性能ですし、3Dモデリング、オンラインゲーム、動画編集、画像編集ととにかく万能です。

もちろん「最新ゲームで144fps以上出したい!」となった場合はGTX1080やGTX1080Tiが必要になったりしますし、「印刷するから10bitカラーが必要!」となったらQuadroのほうがいいでしょう。

ただ、ゲームなら画質を多少落とせばfpsを稼げます。またプロイラストレーターでなければGeForce GTX1060の8bitカラーでも満足できるスペックです。

もう1つ付け加えたいのはメモリです。「メモリ8GBで十分」というのはある意味正しい評価でしょう。しかし私は今なら16GBのほうがおすすめです。メモリ16GBないと駄目なゲームがもう存在しています。またクリエイターの用途ではメモリこそが最重要なので、8GBよりも16GBあったほうが絶対にサクサクです。

DAIV-DGZ510S1-SH2-ANの外観

DAIV-DGZ510S1-SH2-ANのケース

外観に関しては「DAIV-DQZ510S3-SH5-AN」と一緒なので、そちらのレビューをご覧ください。

DAIV-DGZ510S1-SH2-ANのインターフェイス、接続端子

正面にはマイク入力端子、ヘッドホン出力端子、USB3.0端子が2つ、電源スイッチがあります。電源スイッチは押すのではなく時計回りに捻ります。



背面にはマザーボードのバックパネルとGeForce GTX1060の映像出力端子があります。マザーボードのバックパネルはPS2、USB3.0端子が4つ、USB2.0端子が2つ、LANポート、ラインイン、ラインアウト、マイク入力、リアスピーカー、センター・サブウーファー、サイドスピーカーがあります。

GTX1060の映像出力端子はDisplayPort x 3、HDMI、DVI-Dです。GTX1070やGTX1080のFounders Editionも大抵この構成です。

DAIV-DGZ510S1-SH2-ANの内部

左側を開いた様子です。



CPUファンは安定のcoolermaster製です。DAIVやG-TuneはCPUファンにcoolermasterを採用することが多いですね。メモリスロットはあと2つ空いています。最大64GBまで増やせます。



GTX1060です。Quadro P2000やGTX1050よりかなり大きいです。

DAIV-DGZ510S1-SH2-ANの性能を評価

DAIV-DGZ510S1-SH2-ANのPhotoshopの快適性、ストレージ速度、3Dの性能を計測しました。

Photoshopの快適性をテスト

Photoshopでお絵描きをする際、どれくらい巨大なファイルまで快適に扱えるのかをテストしました。速度はそれぞれ3回計測した平均値です。

Photoshopの起動速度

検証内容 秒数
起動速度 5.44秒

PhotoshopをSSDにインストールし、起動速度を計測しました。5秒以上かかってしまいましたが及第点です。もっと高速なSSDにインストールすれば3秒台で起動します。

1500px × 900px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 1.28秒
保存速度 1.31秒
焦点領域の反映速度 1.74秒

読み込み速度と保存速度はCPU、メモリ、ストレージの性能が強く影響します。焦点領域の反映速度はグラフィックボードとメモリです。キャンバスサイズが小さいとはいえ、かなり高速に動作してくれています。Core i5-7400やメモリ8GBではもっと時間がかかります。

3000px × 1800px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 2.60秒
保存速度 4.15秒
焦点領域の反映速度 3.47秒

そこそこ大きいサイズでもまだサクサクです。5秒以内ならストレスなくお絵描きできます。例えばCtrl + Sを押す度に20秒とか待たされたらうんざりしますよね。だからこそPhotoshopでお絵描きするなら性能の良いCPUに、16GBメモリがおすすめです。

5000px × 3000px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 6.20秒
保存速度 8.98秒
焦点領域の反映速度 4.18秒

気合を入れてお絵描きするくらいのサイズでもかなりサクサクです。Core i5 + メモリ8GB + GTX1050の「DAIV-DGZ510E1-SH2-AN」だとどれも10秒以上かかってしまいます。ファイルが大きくなればなるほどスペックの影響が強くなることを覚えておきましょう。

8192px × 8192px、レイヤー数239、解像度350dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 13.34秒
保存速度 21.13秒
焦点領域の反映速度 4.05秒

印刷を前提としてサイズです。まさにプロ仕様です。ここまで大きなサイズになると重いですね。しかしメモリ32GBにすれば「DAIV-DQZ510S3-SH5-AN」のように10秒程度で完了します。やはりメモリって重要です。

ストレージの速度

DAIV-DGZ510S1-SH2-ANには240GB SSDと2TB HDDが搭載されています。CrystalDiskMarkでそれぞれの速度を計測しました。左側がSSD、右側がHDDです。

SSDのシーケンシャルリード(連続読み込み速度)は529.5MB/s、シーケンシャルライト(連続書き込み速度)は225.8MB/sです。HDDのシーケンシャルリードは191.4MB/s、シーケンシャルライトは186.9MB/sです。

SSDにしてはとんでもなく低速です。カスタマイズで「NVM Express SSD」への変更をおすすめします。

LuxMark(OpenCL)

LuxMarkのスコアは12248でした。GTX1050やQuadro P2000より遥かに高いスコアです。

CINEBENCH R15(OpenGL)

CINEBENCHはOpenGLが143.49fps、CPUが877cbです。クリエイター用途だとOpenGLの性能が重要になることが多いです。

3DMARK FireStrike(DirectX 11)

3DMARK FireStrikeは10410でした。CPUの約20倍、GTX1050の約2倍の性能です。ゲーミングPCにGTX1060が愛用されている理由がよくわかります。GTX1060で遊べないゲームはこの世に存在しません。それくらいGTX1060は万能なんです。クリエイター向けPCとしてもゲーミングPCとしてもこのデスクトップが一番おすすめです。

DAIV-DGZ510S1-SH2-ANの価格を見る

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。