クリエイター向けPCレビュー

ホーム / クリエイター向けPC / クリエイター向けPCレビュー / ドスパラ raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entry 評価・レビュー

ドスパラ raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entry 評価・レビュー

ドスパラが販売しているクリエイター向けPCの「raytrek-V XT」は3DCG制作や動作編集のためのデスクトップです。そしてraytrek-V XT DaVinci/Fusion Entryはさらにプロ向け映像編集機器のDaVinci Resolveと3DモデリングソフトのFusionに特化したクリエイター向けPCです。

ではプロが納得できるほどのクリエイター向けPCなのでしょうか。性能や使い勝手を評価していきます。

raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entryのスペック

OS CPU
Windows 10 64bit Core i7-6700(4コア/3.40GHz)
メモリ グラフィックボード
16GB(PC4-17000) GeForce GTX1060 6GB
ストレージ チップセット
525GB SSD + 2TB HDD インテル H170 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ Acbel 500W(80PLUS BRONZE)

raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entry価格を見る

GTX1060 6GBを搭載したミドルスペックのクリエイター向けPCです。ゲーミングPCのガレリア XTに似ていますが、メモリは2倍の16GB、ストレージは525GB SSDが追加されているためこちらのほうがハイスペックです。

クリエイター向けPCはメモリ量こそが最重要ですし、ソフトウェアのサクサク感はSSDで急激に向上するため、よく考えられたパーツ構成だと思います。

DaVinci Resolve推奨スペックを見ると、グラフィックボードのビデオメモリは6GBや8GBが推奨されています。GTX1060 6GBなら「すべてのプロジェクトを快適に取り組むことができます」と記載されています。

物理メモリもDaVinci Resolveでは非常に重要で16GBが推奨されています。同様にストレージはSSDかRAID0が推奨されていて、ストレージの速度がとても大切だとわかります。だからこそ525GB SSDを搭載しているのでしょう。

raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entryの外観と内部

raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entryのケース

正面と背面の写真です。高さは36cmあるのでやや小さいサイズです。ミニタワーとミドルタワーの中間くらいでしょうか。



左側には吸気口があります。サイドケースファンは取り付けできません。ケースの冷却性をアップさせたい場合は、フロントファンとリアファンをカスタマイズして大風量のものに変更しましょう。



右側には何もありません。

raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entryのインターフェイス、接続端子

正面にはUSB3.0端子が2つ、Sマイク入力、スピーカー出力、電源ボタン、リセットボタンがあります。カードリーダーはありません。



背面にはマザーボードとGTX1060の接続端子があります。正面と合わせるとUSB3.0端子が4つ、USB2.0端子が2つです。最近のクリエイター向けPCのなかでは少ないほうです。

GTX1060はDisplayPort x3、HDMI、DVIです。

raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entryの内部

左側を開いた様子です。左上が電源ユニット、右上がDVDスーパーマルチドライブ、右中央がHDDとSSDです。



CPUクーラーはトップフローです。メモリは8GB x 2のデュアルチャネルで、メモリスロットはあと2つ空いています。カスタマイズでは最大64GBまで増やせます。



GeForce GTX1060 6GBです。



拡張スロットです。PCI Express x4とPCI Express x1が1つずつ空いています。でもPCI Express x1はGTX1060に近すぎて使えないかもしれません。GTX1060のファンを塞いでしまうカードは挿さないほうがいいです。

raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entryの価格を見る

raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entryの性能を評価

raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entryのストレージ速度と3Dの性能をベンチマークソフトで計測しました。

SSDとHDDの速度

raytrek-V XT DaVinci/Fusion EntryにはSATA3 SSDとHDDが搭載されています。CrystalDiskMarkというソフトでSSDとHDDの速度を計測しました。左側がSSD、右側がHDDです。

SSDのシーケンシャルリード(連続読み込み速度)は532MB/s、シーケンシャルライト(連続書き込み速度)は507MB/sです。HDDのシーケンシャルリードは196MB/s、シーケンシャルライトは190MB/sです。

LuxMark(OpenCL)

LuxMarkのスコアは10535でした。CPUの4~5倍の性能です。DaVinci ResolveとFusionはOpenCLやCudaで動作しているようなのでこの数値は重要です。

CINEBENCH R15(OpenGL)

CINEBENCHはOpenGLが120.01fpsです。

3DMARK FireStrike

3DMARK FireStrikeは10896でした。新しいオンラインゲームも遊べる性能です。映像制作だけでなくゲームにも使えるデスクトップです。

raytrek-V XT DaVinci/Fusion Entryの価格を見る

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。