動物・植物の描き方

ホーム / 初心者向けイラスト制作講座 / 動物・植物の描き方 / 超適当なのに完全に薔薇!簡単なバラの描き方

超適当なのに完全に薔薇!簡単なバラの描き方

投稿日: 更新日:

薔薇って複雑な形で描くのが大変そうですよね。だけど華やかな花束を描いたり、優雅なキャラに背負わせてみたり、あるいはギャグシーンでキャラに咥えさせてみたり…薔薇を描きたい場面は結構たくさん。今回は超適当なのに完全に薔薇に見える描き方をご紹介。意外なあの形で薔薇がカンタンになる!?この方法なら薔薇を何も見ずにパッパッと素早く描けちゃいますよ!

基本の描き方!上から見た薔薇

まずは薔薇の描き方の基本から。上から見た薔薇の描き方です。

1、アタリで大きさを決める

まずはアタリを描きます。だいたいの大きさがここで決まります。

2、中心から霊魂のような形をグルグル描く

中心から花ビラを描いていきます。実際に薔薇を観察すると花ビラの反り返った部分がグルグルと密集して複雑な形をつくっているのがわかります。この反り返りを先に描いてしまうわけです。

反り返りを1番ソレっぽく見せる形。とっても意外ですが、ズバリ“霊魂”です。

まるで霊魂の遊園地のようにうじゃうじゃと、やや重ねながらグルグルうずまき状に描いていきます。

3、だんだん大きくしながらひたすらグルグル

霊魂をグルグルグルグル描き進めていきます。外側にいくにつれて少し大きく、間隔も開けて描きます。数や密集度はお好みで。迷ったら写真を参考にしましょう。

この方法なら、花ビラを1枚1枚丁寧に描いていくよりも花ビラの位置や大きさを確認しながら描き進められます。資料無しの中で短時間でガシガシ描かなければならない時にも非常に便利です。

4、霊魂の両側に線を足して花ビラらしくしていく

霊魂を納得いくまで描いたら、霊魂の両側に線を足して花ビラらしさを出していきます。

やはりこれも中央の霊魂から。中心に向かうようにシュッ、シュッ、と線を足します。この線も回転を意識してややカーブさせるとより薔薇らしくなります。どんどん薔薇らしくなるので、慣れるととっても楽しいです。

5、外がわの開ききってる花ビラを描き足す

実際の薔薇の花を観察すると、1番外がわに数枚、ペロンと開ききった花ビラがついているのがわかります。この開ききってる花ビラを書き足すと、さらに薔薇らしくなります。

全体のバランスを整えるように、数枚花ビラを描き足しましょう。やや角ばらせたり、先を尖らせても良いですよ。薔薇の品種によっていろいろな花ビラの形があるので、写真を見て好みの薔薇を見つけてから花ビラの形を決めても良いですね。

6、葉や茎、カゲなどなど、仕上げて完成!

最後に好みで葉や茎を描き足したり、カゲを入れてみたり、線の強弱を強調してみたり、全体のバランスを見ながら自分好みに仕上げていって完成です!カゲをつけたい場合は中央に向かうほどカゲを濃くすると良いですよ。自分の絵柄にあわせていろいろ試してみてくださいね。

いろいろな角度の薔薇や密集した薔薇を描いてみよう

薔薇を描くならやはりいろいろな角度から描けるようになりたいですよね。複数の密集した薔薇を描くときもいろいろな角度の薔薇があった方が自然な仕上がりになります。基本の描き方さえわかれば、あとはとってもカンタンですよ。

1、アタリでサイズや角度などを決める

底の深いドーム型で薔薇のアタリをとります。ドーム型の底の平らな部分が薔薇の花の表面、湾曲部分は花ビラの集まる中央部分です。サイズだけでなく角度や茎の方向などをここで決めます。

2、薔薇の中央から霊魂グルグル

基本の描き方は先程と同じで、中央からうずまき状に霊魂をグルグルグルグル描き込んでいきます。この時注意してほしいのが、薔薇は中央がやや窪んでいます。斜めの薔薇を描く場合、その事を考慮して中央を下方向に圧縮させて描きましょう。

理想は霊魂だけで薔薇っぽく見える事です。ここで全てが決まると言っても過言ではありません。薔薇の花ビラの枚数やサイズ感を意識しながら、バランスを見てどんどん描き足していきます。

3、花ビラらしくしていく

霊魂で花ビラの枚数やサイズ感が決まったら、霊魂の両側から線を伸ばして花ビラに進化させましょう。

うずまき状に、回転を意識してカーブをかけて。シュッシュッシュッと素早く描き足していきます。霊魂だけで薔薇感が出ていたら、この作業はわりと適当でも薔薇らしくなります。

4、外がわの開ききった花ビラを書き足す

1番外がわの開ききった花ビラを描き足していきます。イメージはバナナを剥いた皮です。花ビラの集まる中央部分をバナナの中身とするなら、中身がやや顔を出すように外側に花ビラ=剥いた皮を描き足します。

ちなみにこれをあえて描き足さない事で、開きかけのツボミを表現する事もできます。描き分ければより賑やかな薔薇の集合体が描けますよ。

5、葉や茎などなど描き足して完成

好みで葉や茎やカゲや線の強弱を描き足して完成です。全体のバランスを整えるように、描き足していきましょう。かすみ草など他の花を描いてより華やかにしても良いですね。

まとめ

一見形が複雑で難しそうに見える薔薇の花。でもこの霊魂をグルグルさせる描き方なら、超適当にパパッと描いただけでも一目で薔薇だとわかるくらい本格的な薔薇が描けちゃいますよ。是非試してみてくださいね。

おすすめの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。