クリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC

クリエイター向けPC

イラスト制作向きのPCって?

デジタルイラストを作成するためには、なんと言ってもPCが必要ですね。とりあえず動作するPCを何となく使っている人多いですよね。適当なスペックのパソコンを使っていたらソフトを使用しているときに急に落ちて、保存していないそれまでの作業が失われてしまいます。そんなことになったら一気にやる気がなくなりますよね。そうならないためにもクリエイター向けPCはきちんとしたものを選びましょう。

そもそもクリエイター向けPCと普通のパソコンは何が違うのか

クリエイター向けPCとは言葉通り、クリエイティブな作業を快適にするためのパソコンです。では普通のBTOパソコンと大きな違いがあるかというと、実はそんなことはありません。

クリエイター向けPCに搭載されているパーツを見ると、CPU、メモリ、ストレージ、グラフィックボード、光学ドライブ等、一般的なものが搭載されています。唯一目立つのがグラフィックボードでしょうか。

でもグラフィックボードはゲーミングPCにも必ず搭載されていますし、普通のデスクトップやノートパソコンにも入っていることがあります。つまりBTOメーカーがクリエイター向けPCといえば、それがクリエイター向けPCなのです。

目的に応じてスペックも様々!

クリエイター向けPCといっても用途は非常に幅広いです。一般的には以下の作業が対象になっています。

  • 画像編集
  • 動画編集
  • RAW現像
  • CAD
  • イラスト制作・漫画制作
  • ゲーム制作
  • DTM

当然それぞれ使うソフトウェアが違います。すると重さが違うので求められるパソコンのスペックも大きく変わってきます。さらにイラスト制作に関して言えば、キャンバスサイズはどうなのか、印刷を前提とするのか、レイヤー数は多いのか、どれくらいの快適性を求めるのか・・・等々、人によって最適な環境が違うわけです。

だからこそクリエイター向けPCを買う前に、自分が何をしたいのか、それがどれくらい重いのか、快適にするためにはどれくらいのスペックが必要なのかを知る必要があります。

当サイト「絵師ノート」ではイラスト制作や漫画制作を対象に、あらゆるデータを計測しています。だからあなたにぴったりのクリエイター向けPCがきっと見つかります。クリエイター向けPCの選び方、ソフトウェア別のおすすめクリエイター向けPC、クリエイター向けPCレビュー等のコンテンツを是非参考にしてくださいね!