クリエイター向けPCレビュー

ホーム / クリエイター向けPC / クリエイター向けPCレビュー / ドスパラ raytrek-V ZK 評価・レビュー

ドスパラ raytrek-V ZK 評価・レビュー

NVIDIA GeForceシリーズのグラフィックボードはGTX900シリーズやGTX10シリーズのようなナンバリングが主流ですが、それとは別のTITANシリーズが存在します。

現在最新なのがTITAN Xで、ゲーム用というよりかはクリエイター向けのグラフィックボードです。raytrek-V ZKにはそのTITAN Xが搭載されています。どういう用途におすすめなのか検証していきます。

raytrek-V ZKのスペック

OS CPU
Windows 10 64bit Core i7-6700K(4コア/4.00GHz)
メモリ グラフィックボード
32GB(PC4-17000) NVIDIA TITAN X 12GB
ストレージ チップセット
525GB SSD + 3TB HDD インテル Z170 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ Enhance EPS-1780GA1(800W / 80PLUS GOLD)

raytrek-V ZK価格を見る

ドスパラの中でraytrek-V ZKは「動画編集用パソコン」や「3DCG制作用パソコン」にカテゴライズされています。しかもカテゴリの中でも最上位のモデルになっています。それもそのはずTITAN XはGTX10シリーズ最上位のGTX1080より高性能です。

またメモリが32GB搭載されているのもクリエイターPCらしさを感じさせます。以前Photoshopやその他ソフトウェアで検証した際、全てのパーツの中でメモリ容量が最重要だと判明したので、32GBは納得のメモリ容量です。

ドスパラのデスクトップにはAcbel製の電源ユニットが搭載されていることが多いです。しかしraytrek-V ZKにはAcbelよりも遥かに知名度が高くて人気のあるEnhance製です。また電源効率の優れた80PLUS GOLDですからここはカスタマイズする必要はありません。

raytrek-V ZKの外観と内部

raytrek-V ZKのケース

正面、上部、背面の写真です。PCケースはraytrek用のLDブラックです。高さは44cmなのでミドルタワーとフルタワーの中間くらいでしょうか。上部の排気口にはカスタマイズでファンを取り付けられます。



左側には2つの吸気口があります。上部と同じくファンを追加できます。



右側には小さな吸気口があります。

raytrek-V ZKのインターフェイス、接続端子

正面にはUSB3.0端子が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、電源ボタン、リセットボタンがあります。



背面にはマザーボードとTITAN Xの接続端子があります。USB2.0端子は一切なくてすべて高速なUSB3.0端子で統一されています。TITAN XはDisplayport x3、HDMI x1、DVI x1です。

raytrek-V ZKの内部

左側を開いた様子です。ストレージを追加・交換するためには右側を開けなければなりません。



CPUクーラーはサイドフローです。メモリスロットは2つ空いています。



TITAN Xは最上位だからゴツいかと思いきやGTX1070やGTX1080と同じくらいのサイズです。



拡張スロットはPCI Express x16が1つ、PCI Express x1が3つ空いています。

raytrek-V ZKの価格を見る

raytrek-V ZKの性能を評価

raytrek-V ZKは30万円以上するハイエンドデスクトップです。本当にハイエンドの性能があるのか検証しました。

Photoshopの快適性をテスト

当サイトはあくまでも絵師向けサイトなのでまずはPhotoshopがどれだけ快適に動作するのか調べました。Photoshopは最新版のCC(2017)を使いました。秒数は3回計測した平均値です。

Photoshopの起動速度

検証内容 秒数
起動速度 4.14秒

5秒以内なのはとても高速です。SSDにインストールしたおかげです。

1500px × 900px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 1.37秒
保存速度 1.40秒
焦点領域の反映速度 1.62秒

これは今までレビューしたクリエイター向けPCのなかで最高速です。TITAN Xが高性能というのもありますが、それ以上にメモリ32GBが効いています。

3000px × 1800px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 2.50秒
保存速度 3.95秒
焦点領域の反映速度 3.20秒

Pixivやニコニコ静画でこれくらいのサイズはよく見ます。Photoshopのフィルターや焦点領域やOpenCLに対する性能がとても大切で、TITAN Xはまさにぴったりのグラボです。普通は5秒以上かかります。

5000px × 3000px、レイヤー数239、解像度120dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 6.05秒
保存速度 8.84秒
焦点領域の反映速度 4.30秒

プロならデジタル絵でこれくらいのサイズを描くのは普通です。すべて10秒以内に収まっていますし、焦点領域の反映速度も高速です。お仕事用のパソコンを選ぶならSSDと大容量メモリは必須です。

8192px × 8192px、レイヤー数239、解像度350dpiの場合

検証内容 秒数
読み込み速度 11.67秒
保存速度 20.11秒
焦点領域の反映速度 3.67秒

印刷を前提としたイラストのキャンパスサイズや解像度です。ここまで巨大になっても焦点領域はまったく重くなっていません。ここは完全にTITAI Xのおかげです。

読み込み速度と保存速度をこれ以上高速にするにはメモリを64GBにしたり、SSDをNVMeにするなどの工夫が必要です。

SSDとHDDの速度

raytrek-V ZKにはSATA3 SSDとHDDが搭載されています。CrystalDiskMarkというソフトでSSDとHDDの速度を計測しました。左側がSSD、右側がHDDです。

SSDのシーケンシャルリードは531MB/s、シーケンシャルライトは508MB/sです。HDDのシーケンシャルリードは197MB/s、シーケンシャルライトは192MB/sです。

LuxMark(OpenCL)

LuxMarkは22071でした。あまりのハイスコアに呆然としてしまいました。GTX750Tiだと4400でしたから5倍の性能です。GTX1060ですら13474です。TITAN Xの圧倒的性能がよくわかります。OpenCL系で重いソフトウェアを使うならQuadroよりもGeForceやTITAN Xがおすすめです。

CINEBENCH R15(OpenGL)

CINEBENCHはOpenGLが140.48fpsです。なんというかすべてにおいて万能な感じがあります。

3DMARK FireStrike

3DMARK FireStrikeは19100でした。GTX1080でも約16000ですから凄まじい性能です。さすがにゲーム用途のためだけにraytrek-V ZKを買うのはちょっと勿体ないですが、最新ゲームもするし動画編集や3DCG制作もしたい!なんて人には最高にぴったりなデスクトップです。

raytrek-V ZKの価格を見る

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。