おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / 激安!BTOメーカー最安値のパソコンを購入したいのならここを読もう!

激安!BTOメーカー最安値のパソコンを購入したいのならここを読もう!

投稿日: 更新日:


BTOメーカーでパソコンを購入するメリットの一つとして「価格が安い」と言われていますが、これは本当なのでしょうか。実際にBTOメーカーを見てみると、パソコンショップの店頭で購入するよりも価格が安いものを数多く取り扱っていることがわかります。こういった「最安値」のパソコンはどれくらいの用途までなら使うことが出来るのか不安でもありますよね。今回はとても安いBTOパソコンは買っても大丈夫なのか?また買うならどれが良いのかを検証していきます。

どうしてBTOパソコンは家電量販店より安いのか

BTOパソコンメーカーで取り扱っているパソコンは価格が非常に安くなっています。同じ金額を出しても家電量販店だとミドルスペック以下のものしか買えないのにBTOパソコンメーカーだとハイスペックを買えることだって珍しくはありません。

ではなぜBTOだとパソコンが安くなるのでしょうか?

BTOメーカーは実はパソコンパーツも単体で取り扱っています。単体で販売する分やBTOパソコンに使用する分のパーツをまとめて大量に発注することにより大幅なコストダウンに成功しているからです。他にも人件費などもあるでしょうが、これが大きな理由です。よく「自作の方が安い」なんて言ってる方もいますが、たいして変わらない上に組み立てる手間もない分初心者にもオススメなのです。

「安いと品質が悪いんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんがそれは間違いです。BTOメーカーは自社でも販売しているような有名メーカーのパーツを使って組み立てています。もしも知らないメーカーのものを使っていて不安を感じるようであれば、カスタマイズで知っているメーカーに変更してしまう、という手もあります。安いからといって悪いものを選んでいるわけではないので安心してください。

最安値のパソコンで出来る事と出来ない事

パソコンにはその性能によってミドルスペックやハイスペックなどに分けることが出来ます。最安値のパソコンはその中でもスペックが最低といっても過言ではありません。購入を考えるのであれば、デメリットをよく見て特に問題がないかどうか考えた方が良いです。安いと言っても5万円ほどする買い物です。買ったは良いけれど自分のやりたいことが出来ないから買い直すハメになった・・・なんてことにならないように購入前に確認しておきましょう。

最安値のパソコンで出来ないこと

  • グラフィックボードが搭載されていないのでネットゲームなどが出来ない
  • HDDやSSDの容量が少ないので大量のデータが保存出来ない
  • 光学ドライブが付いていないものになるとでDVDが読み書き出来ない

軽く書くだけでもこれくらいはあります。また当たり前ですが、パソコンパーツの性能が低いので動作がカク付いたり読み込みが遅くなったりもします。

お絵かきソフトの動作は?

お絵かきソフトの動作で重要になってくるのが、CPUとメモリ、後はストレージなどになってきます。最安値パソコンになるとこの辺のスペックが低くなるので解像度が高かったり、レイヤー数が多かったりするイラストを描くのには向いていません。

また、動作自体が重いPhotoshopやPainterなどは快適に操作できるとは言えないのでSAIなどのかなり軽いソフトくらいでしか使えません。ちなみに3Dのイラストソフトを起動する際にはグラフィックボードが必要になってくるので起動は出来ません。

Photoshopを動かす必要スペックとおすすめのパソコン

Painterは意外と重い!Painterが快適に動くおすすめPC

非常に動作が軽いSAIにおすすめのパソコン

最安値のノートパソコンとは

デスクトップと同じようにノートパソコンにも激安なモデルはあります。元々ノートタイプはデスクトップタイプに比べて性能が低いのに価格は驚くほど高いものばかりでした。最近になってデスクトップとほぼ性能が変わらないモデルが出て、価格も安くなってきました。では最安値のノートパソコンはどうでしょうか。

  • 最安値モデルは画面のサイズが小さい
  • ストレージがあってないような容量

デスクトップの最安値モデルで出来ないことはもちろん全部出来ません。ただ、ブラウザゲームくらいであれば問題なく動きますし、ストレージの容量不足は外付けで解消出来ます。画面サイズはどうしようもないです。小さい画面に慣れていない方だと少し文字が読みにくく感じるかもしれません。

その他に注意するべき点

最安値モデルの場合、HDMIなどの端子がない場合があります。これはモデルの構成内容によって変わってしまうのであるのか無いのかがわかりません。たとえばHDMI端子がないなら直接ではCintiqの液タブなどが接続出来なくなります。端子がないモデルだった場合、変換ケーブルが必要になります。ちなみに液タブをパソコンに接続する場合はある程度のスペックが必要になってくるので最安値モデルだと動かないこともあるので辞めた方が良いです。

各BTOメーカーの最安値のパソコン

BTOメーカーと一口に言っても様々ありますが、私は価格や性能面などからドスパラ、mouse、パソコン工房などをオススメしています。人気のBTOメーカーなので知っている方も多いかもしれません。この3つのメーカーから最安値のパソコンを探してみましょう。

ドスパラ:「Regulus AM」

Regulus AMの価格はこちら

ドスパラの最安値パソコンはなんと驚きの3万円台!安いからといって性能がもの凄く低いということではなくメモリは8GB、HDDに500GBとこんなスペックなのに3万円で良いのかと思うレベルです。ネットブラウジングや動画の再生はもちろん、SAIでならお絵かきも出来るレベルです。

mouse:「LM-AR352E2」

LM-AR352E2の価格はこちら

mouseの最安値は大体4万5千円付近ですが、性能などを考慮するとこのモデルが一番オススメです。最安値なのに500GBもHDDが搭載されています。最安値のものを探しているのならこのモデルがオススメです。この程度のスペックでもSAIは問題なく動きます。

パソコン工房:「STYLE-S00A-A4-CZ」

STYLE-S00A-A4-CZの価格はこちら

パソコン工房の最安値モデルはスリムタイプになっています。省スペースでも設置場所に困らないような大きさなので、置く場所があまりない方でも安心で。ここまで安いなら2台目のサブパソコンとして置いておいてもいいかもしれません。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。