おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / Microsoft Office搭載パソコンの選び方

Microsoft Office搭載パソコンの選び方

投稿日: 更新日:

今やありとあらゆるところで使われているのがMicrosoft Officeですね。WordやExelは学生の頃から社会人になっても使えるソフトですし、大学生であればPowerPointでスライドを使ったりなどと使用頻度が高くなるソフトでもあります。

このMicrosoft Officeって全部のソフトが入っていて3万円程度とかなりお高めなんですよね。最近では月額制のものが出てきましたが、この制度だと買い切りはないのでずっと支払い続けなくてはいけません。よく家電量販店や大学の生協などで販売されている性能がやたら低いのに高く売られているようなパソコンには最初から搭載されていることが多いです。

Microsoft Officeが入ったパソコンが欲しいのなら断然最初から搭載されているパソコンを選びましょう。ただし、家電量販店で販売されているようなものではダメです。それよりも断然安く購入出来る方法があるんです。

いつでも最新Officeソフト使い放題な上、最初の1年は便利なサービスまでついてきてなんと6万円台からです。デスクトップかノートパソコンかも選べますし、メインのパソコンとは別で事務作業用のパソコンとしても重宝しそうです。今回はそんなMicrosoft Officeが最初から使えるパソコンを紹介します。

Microsoft Officeを使うならOffice Premium

Microsoft Officeといっても実は利用方法は様々で、パッケージソフトや月額定額方式などが一例ですが、今回紹介するのは「Office Premium」です。

パッケージは一度購入すれば永続的にそのバージョンのOfficeが使えるというもの、デメリットとしてはバージョンアップが出来ないのでずっとそのままのバージョンを使い続けなくてはいけないことと、パッケージ自体の値段が高めということです。

逆に定額方式は常に最新版を使い続けられる上に初期費用も安く抑えられますが、逆に契約をやめると使えなくなります。どれだけ長く利用していてもです。また長い期間使うとなるとパッケージより高くなっていた、なんてことも。

ですが、Office Premiumはその二つのいいとこ取りをしたような感じになっています。Office Premiumはいわゆるプリインストール版のOfficeです。これにも他の製品と同じようにPersonal、Home&Business、Professionalの3種類があり、常に最新バージョンが使えるようになっています。

また、このOffice Premiumはなんと永続的に使うことが出来るんです。ついでにOffice365サービスというものも1年無料でついてきます。大容量オンラインストレージやスカイプの固定電話への無料通話、サポートなどがセットになっているサービスです。

ですがもちろんデメリットもあります。まずプリインストールなのでそのパソコン以外では使えません。新しくパソコンを買ったからそっちで、なんてことは出来ないようになっています。また、一緒についてくるOffice365サービスは2年目以降は6,264円かかります。一見よさそうに見える最新アップデートなんですが、実はこれOffice Premiumだと必須になります。もし前の方が使いやすかったとしてもアップデートがきたら絶対に最新にしなくてはいけないようです。

Office Premium 搭載パソコンの選び方

Office Premium 搭載パソコンは通常の店舗などでも取り扱っていることがあるようですがあまりオススメできません。というのも電気屋などの店舗で取り扱っているのはメーカー製のパソコンであることが多く、販売価格にそのメーカーのブランド料が加算されているので高くなってしまうのです。

少しでも安く購入したいのならネット通販を利用しましょう。安い上に性能も良いとなるとBTOパソコンメーカー一択になります。最近ではOffice Premiumが搭載出来るパソコンが多く、カスタマイズ画面で追加することも出来るようですが、これだと結果的に高くついてしまうことも多いんですよね。数は少ないですが、安くすませたいのなら最初から搭載されているタイプを探した方が良いです。

今回オススメするのが「mouse」というBTOメーカー。最初からOffice Premiumが搭載されているパソコンを幅広く取り扱っています。ここが一番安いのではないでしょうか。ではスペックを見ていきましょう。

デスクトップ型Office Premium 搭載パソコンの価格とスペック

デスクトップ型の場合の最安は6万円くらいですね。オンボードにメモリ4GB、ストレージはHDD500GBと低スペック仕様になっていますが、Officeを動かす、ネットブラウジングする、SAIなどの軽いソフトでお絵かきするくらいなら問題ないでしょう。少しだけ値段が高くなりますが、同じようなスペックでスリムタイプもあるので置き場がない方でも選べるのが良いですね。

逆にデスクトップ型で一番高いのが12万円くらいのモデルですが、こちらはストレージにSSDが追加され、HDD容量もアップ、メモリも倍の8GBになっています。ただグラフィックボードは相変わらずオンボード仕様になっています。SSDを追加したことでパソコンの要所の起動が早くなったり、メモリが増えたことによってお絵かきソフトの動作が良くなります。パソコンが少しでもヌルヌル動作になりたい方向けですね。

ノートPC型Office Premium 搭載パソコンの価格とスペック

では次にノートPCのスペックについてです。一番安価なのが約7万円くらいのモデルです。ストレージにSSD240GBと少ないものの、メモリは8GBとお絵かき向きのメモリ量になっていますね。オンボード仕様ですが、そもそもノートPCではあまりゲームをプレイするのに向いていないので良いかもしれません

一番高価なモデルは12万円台ですが、ストレージに1TBのHDDが追加、メモリが倍の16GBになったくらいでしょうか。よくデータを保存するならアリかもしれませんが、これをサブPCとして持つなら一番安いモデルでもあまり変わりはでないでしょう。

オススメのOffice Premium 搭載パソコン

以上から今回、スペックと価格を踏まえて購入するのにオススメのパソコンを選んでみました。大学入学してからOffice搭載型のパソコンを探していたり、サブPCを探している方はぜひ参考にしてみてください。

LM-iH440SN-SH2-A

LM-iH440SN-SH2-Aの詳細はこちら

10万円以下でSSDがついていてさらにメモリも8GBとパソコンがある程度サクサク動く中で一番コスパが良いパソコンになっています。Office Premiumはもちろん、お絵かきソフトもこれならサクサク動作するでしょう。こちらはケースが大きいモデルですが、スリムタイプで同スペックのものも一応あります。ただ価格が2万近く高くなってくるのであまりオススメできません。

LM-iHS320S-S5-A

LM-iHS320S-S5-Aの詳細はこちら

パソコンケースがスリムな方が良い方はこのモデルです。10万程度ですが、他と違うのがストレージがSSD 480GBのみになっている点です。そこまでデータを保存しない、オンラインストレージを利用する予定である方なんかには良いのではないでしょうか。それ以外の性能はLM-iH440SN-SH2-Aと同じです。

LB-B422XN-SSD2-A

LB-B422XN-SSD2-Aの詳細はこちら

ノートパソコンでOffice Premium 搭載のものを選ぶならコレ!他よりも安めな7万円くらいですが、メモリ8GB、ストレージ240GBで何と言っても動作時間が他よりも多い8.1時間になっています。ストレージ容量は少し心許ないですが、外付けやオンラインストレージなどの代用が効くので性能価格面からみてもこのモデルがオススメですね。液晶画面は14型と割と手頃な大きさなのも高ポイントです。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。