おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / お絵描きもゲームも!コスパ抜群のおすすめノートパソコン

お絵描きもゲームも!コスパ抜群のおすすめノートパソコン

ノートパソコンのメリットデメリット

よくノートパソコンを購入するくらいならデスクトップパソコンにするべきという意見を見ますが、実際のところがどうなのでしょうか。

まずノートパソコンのメリットとして、持ち運びが出来るというものがありますね。画面と一体になっていますし、充電しておけばどこに持っていってもパソコンを使うことが出来ます。また、デスクトップよりも断然小さいので置き場所にも困りません。

メリットはこれ以外にもあるかもしれませんが、ノートパソコンの場合実はそれよりもデメリットの方が目に付きます。まず、デスクトップと比べて性能がガクンと落ちてしまうところです。同じ価格帯でも、性能は半分程度しか出ません。パソコンはスペックが命なのでこれは大きなデメリットですよね。

また、ノートパソコンはパソコンパーツが入っている場所が狭いということもあって、非常に熱暴走がしやすいのも挙げられます。熱暴走を起こすような使い方をすると、急に電源が落ちてしまいます。データを扱うイラストツールを使用していて急に電源が落ちてしまうと保存してなかったら目も当てられません。

このように出来れば、私はデスクトップをおすすめしたいのですが、デスクトップとは別にノートパソコンを持ちたい方や、それでも持ち運びの出来るノートパソコンを使いたい方向けに今回はノートパソコンの選び方、おすすめのノートパソコンを選んでみました。

用途を限定すれば実はそこまでノートパソコンは高価なものではない!

BTOパソコンメーカーでノートパソコンを眺めていると、20万以上を超えるタイプがゴロゴロしています。かと思えば、10万以下、果ては5万円台で購入出来るノートパソコンもあったりと、値段に差が出ているのです。これはなぜでしょうか。

簡単に言えば、ノートパソコンにグラフィックボードが搭載されているか、されていないかの差です。つまり安いノートパソコンにはグラフィックボードが搭載されていないのです。ノートパソコン用のグラフィックボードデスクトップ用のグラフィックボードとは比べものにならないくらい高価なため、このような値段の差が発生しているというわけなのです。

グラフィックボードはパソコンゲームをする際にほぼ必ず必要になってきます。搭載していないと起動すら出来ないゲームがほとんどです。しかし、ノートパソコンでゲームをする予定がない、ペイントツールだけ動けば良いという方にはグラフィックボードの有無の差はごくわずか。つまり安いタイプのノートパソコンでも十分使うことが出来るのです。

他にはノートパソコンの液晶の大きさも値段に大きく関わってきます。当然大きい物ほど高いです。ですがあまりにも小さいものだとペイントツールが使いにくくなってしまって意味がありません。おすすめの液晶サイズは15.6型です。

ノートパソコンでゲームもプレイしたいけど安くすませたいなら

上でも述べましたが、激安ノートパソコンを使うのならパソコンゲームのプレイは諦めなければいけません。そもそも「激安=コスパが良い」ではありません。「高性能なのに安い」ノートパソコンをコスパが良いと言えるのです。

価格だけを重視して安いノートパソコンを買ってもカクカクだったらお金の無駄ですよね?しっかりした性能を持ったノートパソコンを買って「あぁ、これを買ってよかった!」と感じられるように満足度を重視すべきです。

おすすめはGTX960MもしくはGTX970Mが搭載されたノートパソコンです。頑張って探せば15万円以下で販売されているものも発見できます。GTX960Mは大体FF14を標準画質で遊べるくらいの性能を持っている・・・といえばわかりやすいと思います。最新作や高スペックを要求するようなゲームだとちょっと厳しいかもしれませんが軽くオンラインゲームを遊ぶくらいでしたら問題ありません。

ノートパソコンの選び方まとめ

以上を踏まえてノートパソコンを選ぶ際のポイントをまとめます。ノートパソコンを選ぶ際に最も重要になってくるのが、グラフィックボードの有無。これはゲームをプレイするかしないかで必要か不必要かが変わってきます。ペイントツールを使ったりネットブラウジングをするくらいであればこれは必要ありません。

また、液晶サイズ選びも重要です。最低でも15.6型以上を選ぶようにしましょう。また液タブを使う予定の方はHDMIケーブルが挿せるかどうかも確認しましょう。

もしノートパソコンでもゲームをプレイしたいのであれば、値段を安く抑えたいならGTX960M、もしくはGTX970Mがおすすめです。ですが15万程度はかかると覚悟しておいてください。

おすすめのノートパソコン

ドスパラ「ガレリア QSF960HE」

CPU Core i7-6700HQ(4コア/定格2.60GHz)
メモリ 8GB(PC4-17000/デュアルチャネル)
グラフィック 15.6インチ、GeForce GTX965M 4GB
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

ガレリア QSF960HEの価格を見る

ゲームも楽しみたいのであれば、このパソコン一択でしょう。ドスパラのゲーミングPCブランドのガレリアからゲームをプレイすることを前提に作られたノートパソコンです。もちろんペイントツールも快適に動かせます。最初からSSDが搭載されているのも嬉しい仕様ですね。

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i5310SA2」

CPU Core i7-6700HQ(4コア/定格2.60GHz)
メモリ 16GB(PC4-17000/デュアルチャネル)
グラフィック 15.6インチ、GeForce GTX970M 3GB
ストレージ 960GB SSD

NEXTGEAR-NOTE i5310SA2の価格を見る

GTX960Mよりさらに高性能なGTX970Mを搭載したハイスペックノートパソコンです。実はGTX970Mのほうがかなりコスパが良いことで人気があるんです。さらにメモリは16GBあるのでゲームだけでなくイラスト制作にも最適です。ストレージが960GBもあれば容量不足になることはありませんし、高速なSSDのおかげで普段使いもお絵描きも超快適です。

ドスパラ「raytrek QSF1000HGWS」

CPU Core i7-6700HQ(4コア/定格2.60GHz)
メモリ 8GB(PC4-17000/デュアルチャネル)
グラフィック 17.3インチ、Quadro M1000M 2GB
ストレージ 1TB HDD

raytrek QSF1000HGWSの価格を見る

「ゲームなんてどうでもいいからクリエイター向けに特化したノートパソコンが欲しい!」と思うならドスパラのraytrekシリーズがおすすめです。中でもQuadroはクリエイター向けソフトウェア(OpenGL系)に強いです。また、17インチ液晶のおかげで作業効率が全然違います。イラスト制作で3Dを駆使したり動画を作ったりするならこのノートパソコンを選びましょう。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。