おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / 2017年版!オススメの最軽量ノートパソコン

2017年版!オススメの最軽量ノートパソコン

投稿日: 更新日:


Macを好んで使っている方になぜそっとを選んだのかを聞いてみると、デザイン性に惹かれた、持っているとオシャレだから、ノートの場合は軽量かつ薄型なので持ち運びに便利、などなど性能面とは関係ないところで選んでいる方が一定数います。

ですが、初心者はあまりMacはオススメできません。対応アプリケーションの違い、パソコン上でゲームをしたいとなっても未対応、などが主な理由ですね。また拡張性もWindowsに比べて狭く、後から追加拡張しようと思っても出来なかったりなど初めてパソコンを扱う方だと後悔するポイントが多々あります。

それでもMacの薄さや軽さは持ち運びの面から見てももの凄く便利そうですよね。カフェでMacBookを開いているといかにも仕事が出来そうなイメージがあるかもしれません。ですが実はそんなMacの利点でもある薄さ・軽さと同等以上の規格を持ったWindowsのノートパソコンがあるんです。中には世界初の小ささを持っているパソコンだってあります。

ここではMac並に薄く、軽いノートパソコンの紹介と規格、持ち運び面でのメリット・デメリットについて解説していきます。薄型ノートパソコンと一口に言っても結構な種類があるので併せてオススメも紹介していきます。

薄型軽量ノートパソコンのデメリットとは

見た目も持ち運びも便利な薄型軽量ノートパソコンですがもちろんデメリットはあります。軽量を追求しているのでパソコンのパーツでいらないところは削られています。具体的にはグラフィックボードが搭載されていないことが多いです。基本的にはオンボード一択になっています。

グラフィックボードが搭載されていないとパソコンゲームなどの高負荷作業が出来ません。起動すら出来ないので注意が必要です。ペイントソフトの動作にはほぼ関係はないですが、最近流行の2Dアニメーションも起動は出来るのですが少し動きがカクつきます。

軽さと薄さの両方を兼ね備えたDellのノートパソコン

Dellのパソコンは基本的に割高と言われていますが、デザインや機能性などは他メーカーと一線を画すものがあります。持ち運びに便利な小さく軽量なノートパソコンが欲しいのであればDELLを一番の候補にあがると思います。

Dell XPS 13 ノートパソコン プレミアム

XPS 13 ノートパソコン プレミアムの詳細はこちら

少し前にXPS13の古いモデルが出ていましたが、今回新しくInfinityEdgeディスプレイを搭載してリニューアルされました。大きさは13インチで前と変わりがありませんが、世界初のフレームレスになったことにより画面領域が変わり、前より小さくなりました。重量も1.22kgと軽く、厚さ厚さ9~15mmというのも他のノートパソコンには出来ないような薄さを誇っています。

液晶ディスプレイが高画質なものになったことによりよりイラストを描く上で綺麗な色使いが可能になりそうですね。グラフィックボードがオンボードですが、メモリも4~8GB、SSD搭載と欲しいところは抑えられています。4つほどモデルがありますが、メモリが8GBのものを選ぶことをオススメします。8GBのタイプは2種類ありますが、色が違うだけなのでこだわりがないのなら安い方で問題ありません。

注意したいのが光学ドライブがついていないという点です。光学ドライブはDVD-Rなどを読み込むために必要なパーツですが、これがついていません。使いたい場合は面倒ですが外付けの光学ドライブを使うしかなさそうです。お値段は15万円程度。軽量ノートパソコンの部類の中ではかなり安い方です。一番下のモデルだとなんと12万円台から。

Dell XPS 13 ノートパソコン プレミアム2-in-1

XPS 13 プレミアム2-in-1の詳細はこちら

上記XPS13と同様に世界最小かつフレームレスという構造になっていますが、こちらは2in1仕様になっています。2in1というと元々タブレットPCをパソコンのように使うイメージがありますが、こちらは逆でノートパソコンの状態から液晶を360度回転させてタブレットのように使うといった感じです。

このノートパソコンの良い所は液タブのように使えるという点です。タブレットモードにした状態で別売りのペンを使えば即席液晶タブレットの出来上がり。Wacomが販売している持ち運び可能な液晶タブレットはちょっと大きすぎますし、お絵かき用のタブレットは普通に使う際には画面が大きすぎてタッチするのが辛い・・・なんてことがあります。このタイプだとノートパソコンとしても使いやすいですし、思いついた時にタブレットにすることも出来るので使い勝手がかなり良いです。

大きさも13インチ、大体A4サイズの大きさの紙より少し大きいくらいでしょうか。そのくらいなのでそこまで邪魔になりません。また一番の目玉は何と言ってもストレージの容量の大きさではないでしょうか。通常のタブレットやCintiq Companion系はストレージ(SSDやHDD)の容量が少ないんです。

こういったタイプは仕方がないのですがどうしてもオンラインストレージサービスなどに頼ってしまうことになります。ですが、このモデルは最初から256GBも搭載されているのでその心配も必要ありません。外でネットが使えなくてもデータを安心して保存出来る安心感は違いますよ。

スペックはほぼXPS13と同じです。お値段は17万程度です。液晶タブレットとノートパソコン両方になるのでどちらか購入を考えている方には良いかもしれませんね。別売りのペンは4000円くらいです。

最軽量のノートパソコンはこれ!

Dell XPS 13は小さく軽量なモデルですが、最軽量というわけではありません。2017年4月現在、一番最軽量のノートパソコンは富士通から発売された13.3型で世界最軽量の約777gを誇る「LIFEBOOK UH75/B1」です。上記モデルとも同じくらいの大きさなのに主さが500g近くも違うなんてすごいですよね。なぜLIFEBOOK UH75/B1がここまで軽量なのか、スペックはどうなっているのかを見ていきましょう。

LIFEBOOK UH75/B1

LIFEBOOK UH75/B1の詳細はこちら

LIFEBOOK UH75/B1が軽い理由はただ一つ、各パーツで部材を軽いものに変えているからです。特にバッテリー部分は一般的なものと比べると約20%も軽量化に成功しています。バッテリーというとノートパソコンのパーツの中で1、2を争うほど重いパーツなので重要ですよね。他にも天井カバーには世界最軽量のマグネシウムリチウムが使われていたり、液晶部材も薄型化に成功するなど色々なところで軽量化が図られています。

さて肝心のスペックなのですが、SSDは128GBと他の軽量ノートパソコンより少なめです。グラフィックボードはもちろんオンボードなのでゲームなどのプレイは不可です。こちらも光学ドライブがないのでDVD-Rなどが読み込めません。また、バッテリー駆動時間が約8.3時間とかなり短めです。

軽量化を図った際の弊害ですが外で長時間使う方はあまりオススメできません。こちらの価格は19万円程度。DELLのモデルに比べるとスペックに対して価格が高くなっていますね。最軽量を探しているのであればコレになりますが、それ以外だったらDELL一択でしょう。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。