おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / おすすめのお絵かき用ノートパソコン

おすすめのお絵かき用ノートパソコン

投稿日: 更新日:

パソコンといえば性能面でも価格面でも圧倒的なデスクトップを選ぶのが一番です。ですが、持ち運びに関してだけはノートパソコンに軍配が上がります。ちょっとした所ででも持ち運びができ、バッテリーによっては電源コードのないところでも長時間の作業が可能となっているので、横になりながらパソコンを操作したり、気分を変えて外で作業をしたりなどが出来ます。

デスクトップに慣れているとノートパソコンのスペックでは少々物足りなくなるかもしれませんが、サブとして一台持っていると色々と捗るようになります。

また、ノートパソコンにペンタブを接続して外で作業をすることも出来ます。ただし、その場合ノートパソコン選びは非常に慎重に選ばなくてはいけません。ネットブラウジングやオフィスソフトくらいでしたらどんなスペックでもある程度快適に出来ますが、デジタルイラストとなるとそうはいきません。

ノートパソコンはデスクトップよりスペックが低いことが多く、また一度購入してしまうと後からパーツを追加したりすることも出来ません。価格が安いからと適当なパソコンを選んで後悔するのではなく、用途にあったスペックを持ったノートパソコンを選びましょう。

ノートパソコンでデジタルイラストを描くのなら

ノートパソコンでイラストを描くなら基本的にペンタブ一択です。ノートパソコンには液タブを接続することの出来るHDMI端子がないことも多いからです。変換ケーブルなどを利用すればこの問題は解消出来ますが、デュアルモニタにするためにはノートパソコン自体にかなりのスペックが要求されます。


もしどうしても液タブを接続したい、というのなら「MobileStudio」のような液タブだけで独立して動かせるようなタイプの方が向いています。

今現在販売されている液タブには昔にはなかったグラフィックボードも搭載されるようになったため3D系統の動作も可能になっています。あまりやる方はいないと思いますがなんとゲームも動作可能になっています。

ただし、一番価格が安いモデルだとストレージ容量が64GBと非常に少ないのでクラウドストレージを利用したりなどの工夫が必要になってきます。また、メモリもこれだけ4GBと少なくなっているので、購入するのであればこのモデルは避けた方が良いです。

液タブではなくノートパソコンにペンタブを接続してイラストを描きたいのであれば、USB端子が必要になります。マウスを接続したり他の周辺機器を接続したいのであればノートパソコンに搭載されているUSBの端子が足りなくなる可能性があるのでUSBハブを購入するなどしておきましょう。

すぐに埋まってしまうUSBポートの増設をしよう

お絵かき用のノートパソコンに必要なスペックとは

上記でも述べたようにお絵かき用のパソコンにはある程度のスペックが必要になります。どこをよく確認するべきなのかを購入前に一度確認しておきましょう。

一番注目するべきパーツはメモリです。メモリはペイントソフトの動作に一番干渉します。もちろん多ければ多いほど良いです。デスクトップだと後から簡単に増設が可能なパーツなのですが、ノートだと増設が難しくほぼ不可能です。他のパーツよりも重要視しながら選びましょう。

次にストレージです。多ければデータが大量に保存出来るようになります。SSDであればパソコンの起動が速くなるのでストレスもありません。SSDが搭載されているものを選ぶことをオススメします。SSD搭載モデルは大体HDDも一緒に搭載されていることが多いですが、HDDの容量が少なくても外付けなので代用が出来るので少なくても問題ありません。SSDが搭載されているか否かで判断しましょう。

最後にグラフィックボードです。ノートパソコンでゲームなどの3D系統の動作をさせないのであればここはなくても構いません。グラフィックボードが搭載されているかされていないかで価格に差が出てくるので、安く購入したい方はここを省きましょう。ゲームなどやりたい方はGTXが搭載されているものを選びましょう。

オススメのお絵かき用ノートパソコン

どれを選べば良いのかわからないなら「raytrek GKF1050TGF」

CPU Core i7-7700HQ(4コア/定格2.80GHz/最大3.80GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200/シングルチャネル)
グラフィック 15.6インチ、GeForce GTX1050Ti 2GB
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

raytrek GKF1050TGFの価格を見るraytrek GKF1050TGF 評価・レビュー

なんとなく必要なスペックはわかったけどどれを選べばいいのかわからないのであればこのノートパソコンがオススメです。必要な所を押さえていてさらにグラフィックボードも搭載されているので後から後悔することが少ないモデルです。価格も15万円台なので購入しやすいのも魅力的です。

グラフィックボード搭載モデルを選ぶなら「ガレリア GKF1060GF」

ガレリア GKF1060GFの価格を見る

高性能グラフィックボード搭載モデルが欲しいのであればこのモデルです。ゲーム用に作られたノートパソコンなので要求スペックの高いゲームや3DCG系でもサクサク動作が可能になっています。他にもメモリ、ストレージも高水準になっています。

なるべく安いモデルを選ぶなら「raytrek VF-HGK」

CPU Core i5-7500U(2コア/定格2.70GHz/最大3.50GHz)
メモリ 16GB(PC3-12800/シングルチャネル)
グラフィック 17.3インチ、インテル HDグラフィックス620
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

raytrek VF-HGKの価格を見る

ノートパソコンのディスプレイが小さいとイラストが非常に描きにくくなります。なので価格の安くなりがちなディスプレイが小さいモデルの選択はなるべく排除した方が良いです。このモデルはなんと17.3インチで、ノートパソコンでイラストを描く上で最高な大きさになっています。その中でも一番安くオススメなモデルになっています。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。