おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / CLIP STUDIO PAINTの3D素材は重い!必要スペックとおすすめパソコン

CLIP STUDIO PAINTの3D素材は重い!必要スペックとおすすめパソコン

投稿日: 更新日:

難しいアングルや背景を描くときや、締め切り前で時間がない時。CLIP STUDIO PAINTの3D素材は大いに役立ちます。難しいポーズやアオリやフカンはもちろん、背景や小物もラクラク描写できますよ。とはいえ、「重くて動かせない」「予期せぬ動きをして扱えない」という声が多いのも3D素材。快適に動かすにはどれくらいのスペックが必要かご紹介します。

MacよりもWindows?

まずOSです。CLIP STUDIO PAINTの3D素材を使うなら断然Windowsがおすすめです。「デザインドール」という操作性の高い3Dデッサン人形ソフトがあるのですが、現在Windowsにのみ対応しています。「デザインドール」を使えた方が、CLIP STUDIO PAINTだけよりもポーズの幅が広がりますよ。

CLIP STUDIO PAINTの推奨スペック

CLIP STUDIO PAINT for Windowsの推奨スペックを見てみましょう。

  • CPU: SSE2に対応したIntel、AMD製CPU
  • GPU: OpenGL 2.1に対応したGPU
  • メモリ: 2GB以上のメモリ必須 8GB以上推奨

セルシス側は上記にさらにこう付け加えられています。

※動作に必要なメモリ容量やCPU性能は、作成する画像のサイズやレイヤー数などに依存します。一般的に画像サイズが大きく、レイヤー数が多いほど、より多くのメモリ容量や高速なCPUが必要です。

実際に私は、以前はこのスペックを一応は満たしたPCを使っていました。当時は他の動作は問題無かったのですが、3D素材に関してだけは予期せぬ動きをしたり時間がかかったりとストレスを感じていました。推奨スペックを満たしているだけでは3D素材はなんとか使えるレベルではあるものの、快適とは言えないようです。

CLIP STUDIO PAINT 3D素材におすすめのパーツ

3D素材を快適に動かすために、本当に必要なスペックをご紹介します。

CPU: Intel core i7以上

CPUのスペックが高いほど基本的な動作が早くなります。core i5だと3D素材をいくつも貼り付けていくとだんだん動きがもっさりとしてきます。core i7以上が良いでしょう。

GPU: Quadro P600以上

GPUは3Dを動かすのに重要な部分です。そもそも、GPUが搭載されていないと3D素材が動いてくれません。セルシスの推奨はOpenGL 2.1に対応したGPUとありますね。OpenGLに最適なGPUはQuadroです。多くのPCに搭載されているのはGeForceですが、これはゲームプレイ用途に最適化されたGPUなので、グラフィック編集に特化したQuadro搭載機種を選びましょう。色彩表現が変わってきます。

メモリ: 16GB以上

メモリは多いほど処理のスピードが上がるので、3Dを線画化する時の速さに大きく関わってきます。処理中は10GBをこえる事が多いので16GB以上が最低ライン。32GB以上だとなお良いですよ。

クリエイター向けBTOパソコンを使おう

以上のスペックを兼ね備えたディスクトップPCは一般向けには無いので、必然的にクリエイター向けにカスタマイズされたBTOパソコンを買う事になります。私も現在ドスパラのBTOパソコンを使用していますが、32ページの漫画原稿に3D素材をゴリゴリ貼り付けてもスルスル動いてくれていますよ。

締め切り前で切羽詰まっている時はかなり助けられました。プロはもちろん同人活動されている方や、初心者で思い通りのポーズや背景が描けず悩んでいる方。是非こちらのスペックを参考にして、3D素材を活用してみてください。

CLIP STUDIO PAINT 3D素材におすすめのBTOパソコン

では具体的にどんなパソコンがおすすめなのかをご紹介します。

ドスパラ「raytrek LC-M」

CPU Core i7-8700(6コア/定格3.20GHz/最大4.60GHz)
メモリ 8GB(PC4-21300/デュアルチャネル)
グラフィック Quadro P600(2GB)
ストレージ 500GB SSD + 1TB HDD

raytrek LC-Mの価格を見るraytrek debut! LC-M 評価・レビュー

ドスパラで人気のお絵かき用パソコンです。CPUとグラフィックボードは問題ありません。でもメモリがちょっと足りません。できるだけ16GBに増やしてから購入しましょう。

ドスパラ「raytrek LZ」

CPU Core i7-8700(6コア/定格3.20GHz/最大4.60GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック Quadro P600(2GB)
ストレージ 240GB SSD + 2TB HDD

raytrek LZの価格を見る

CPUとストレージが強化されたデスクトップです。CPUのコア数が多ければ同時作業に強くなります。ストレージはSSDが必須です。SSDがあればCLIP STUDIO PAINTの起動速度や3D素材の読み込み速度が大幅に高速になります。

mouse「DAIV-DQZ530S1-SH5」

CPU Core i7-9700K(8コア/定格3.60GHz/最大4.90GHz)
メモリ 16GB(PC4-21300/デュアルチャネル)
グラフィック Quadro P2000(5GB)
ストレージ 480GB SSD + 2TB HDD

DAIV-DQZ530S1-SH5の価格を見る

完全なるプロ向けなハイスペックBTOパソコンです。CPU、メモリ、グラフィックボードとすべてがハイスペックに揃っています。キャンバスサイズの大きいファイルを扱ってもサクサクですし、3Dにも圧倒的に強いです。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。