おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / 5万円台で買えるイラストやお絵かき用のおすすめBTOパソコン

5万円台で買えるイラストやお絵かき用のおすすめBTOパソコン

投稿日: 更新日:

5万円台でそこそこ性能が良いパソコンを購入したいなら

有名電気店などには店頭にたくさんのパソコンが並べられています。実際に触ってみると欲しくなってきますよね。でもお値段を見るとびっくり、どれもこれも10万以上は軽くします。また、よく見てみると売られているパソコンの細かい性能ってあんまり書かれていないんですよね。購入した後で実はそんなに性能が高くないパソコンだとわかったという話も少なくありません。

価格や性能面で考えるとやはりBTOパソコンが最強です。BTOパソコンというとゲーミングPCが有名で人気ですが、一般用のパソコンも低価格帯から高価格帯まで幅広く販売されています。安いものだと5万円台からもあり、お財布事情が厳しい方でも購入しやすくなっています。

あまりにも安すぎると不安になるかもしれませんが、BTOパソコンは他より安い理由がハッキリしています。

BTOパソコンが安い理由

BTOパソコンは非常に安いと言いましたが、逆になぜそれ以外のパソコンが高めの値段設定になっているのかを考えましょう。店頭で売られているパソコンはほぼ100%何らかの有名メーカーのモデルばかりです。

この「有名メーカーのモデル」というのがネックになっていて、パソコン本体の代金に加えてブランド料金が上乗せされているのです。ブランド料金はパソコンに限らずバッグやアクセサリーなどでもありますよね。あれと同じです。ですが、BTOパソコンにはブランド料金分の金額は上乗せされていません。つまりBTOパソコンはパーツ料金と人件費、少額の利益分の合計で販売されているのです。

さらに、BTOメーカーはパソコンパーツの販売も取り扱っているので、大量入荷に伴いパーツ価格も安く入荷出来るようになっているのです。

だからBTOパソコンは他のブランドメーカーのパソコンよりも高性能なパソコンをどこよりも安く販売出来るのです。

安いパソコンのデメリットとは

安いパソコンだと高いパソコンと比べて絶対に性能が低くなるので、デメリットが増えてしまいます。たとえばパソコンパーツの中でも比較的高値なグラフィックボードが搭載されておらず、最低限のスペックしか出せないタイプや、メモリの量が極端に少なくてペイントソフトの動作が影響を受けたりなどがあります。

前者のデメリットですと、パソコンゲーム・オンラインゲームなどが起動出来ません。また3DCG系統のアプリケーションも起動したとしてもカクカクで動きません。

イラストソフトだとSAIくらいの軽い動作のパソコンくらいなら余裕で動きますが、PhotoshopなどのAdobe製品は少し厳しいです。また、SAIだとしてもレイヤーを増やしたりサイズの大きいイラストを描くのには向いていません。

ネットブラウジングや軽いソフトの起動くらいなら5万円程度でも大丈夫ですが、本格的に活動をしたいのならなるべく高めのパソコンを購入した方が良いかもしれません。ですが、軽く趣味でイラストを始めたいのであれば5万円程度で十分ということです。初めてパソコンを購入する方なんかにも良いですね。

5万円程度のオススメBTOパソコン

5万円台とかなり安いのにメモリが8GB搭載でデュアルコアのCPUが搭載されているモデルです。ネットブラウジングはもちろん動画の視聴やSAIなどの動作の軽いイラストソフトの動作でしたら問題なく行えるのでオススメです。

Magnate IE

CPU Core i3-7100(2コア/定格3.90GHz)
メモリ 4GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック インテル HDグラフィックス630
ストレージ 500GB HDD

Magnate IEの価格を見る

4GBのメモリに加えて500GBのHDD搭載でたくさんのデータを保存しておけます。5万円以下なのにこの性能なのは驚きですね。特にオススメの一台です。

LM-ARS242E-SSD

CPU AMD A4-7300 APU(2コア/定格3.80GHz/最大4.00GHz)
メモリ 8GB(PC3-12800/デュアルチャネル)
グラフィック AMD Radeon HD 8470D グラフィックス
ストレージ 240GB SSD

LM-ARS242E-SSDの価格を見る

置く場所に困るなら省スペースモデルが一番です。もちろん5万円台でも省スペースモデルはあります!その中で一番のオススメは「LM-ARS242E-SSD」です。ストレージの容量が少ない?と思うかもしれませんが、SSDはHDDよりもデータへのアクセスが早くなるのでイラストソフトを使う時にファイルを開いたり、保存したりするのが早くなります。少ないと感じ始めたらデータを保存する外付けHDDを買えば問題ありません。

LB-B422XN-SSD2

CPU Celeron N3160(4コア/定格1.60GHz/最大2.24GHz)
メモリ 8GB(PC3-12800/デュアルチャネル)
グラフィック インテル HD グラフィックス 400
ストレージ 240GB SSD

LB-B422XN-SSD2の価格を見る

5万円台のノートパソコンの中でも8GBのメモリに加えてSSD 240GBが搭載しているモデルになります。このモデルは恐ろしくコスパの良いノートパソコンになっています。5万円台でノートパソコンを購入したいならこのモデルで決まりです。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。