おすすめのクリエイター向けPC

ホーム / クリエイター向けPC / おすすめのクリエイター向けPC / ゲームもお絵描きも!25万円でおすすめのBTOパソコン

ゲームもお絵描きも!25万円でおすすめのBTOパソコン

投稿日: 更新日:

ハイエンドタイプのパソコンを買うなら25万円以上のパソコン

パソコンを使ってイラストを描いていると突然動きが遅くなったり反応おかしくなったり、イラストソフトがフリーズしたりなんて経験ありませんか?そういった原因として描いているイラストのファイル容量が大きくなったり、レイヤー数が多くなったりすることがあげられます。

どんなイラストを描いていてもカクつかないパソコンはやはりハイスペックのパソコンが必要になります。ですが、もしパソコンを新しく買うのであればハイスペック以上のスペックを持つハイエンドタイプを選んでみませんか?

グラボ・メモリ・CPUなどを徹底的に強化

ハイエンドパソコンって何?と思われるかもしれませんが、パソコンには性能によって名称が色々変わってきていてその中でも超ハイスペックなパソコンのことをハイエンドパソコンと言います。25万円以上の予算ですとパソコンの主要パーツほぼ全ての強化が可能です。

ハイエンドパソコンであれば、最新のパソコンゲームでもヌルヌル動作しますし、ペイントツールなどでとても大切になるメモリもたくさん搭載することができます。軽視されがちですが故障の原因になりやすい電源だって最高級のものを搭載できます。

ハイエンドパソコンは一見高額で取っつきにくいように感じますが、長い目で見ると長期間使えてなおかつ故障もしにくい、不安感も少ないなどメリットが多々あるのです。

ハイスペックなので動作に問題が起きることもありません。下手に安いパソコンを組んで後々修理代や新しく買い直したりするのではなく、最初から超ハイスペックなパソコンでストレスない生活を送りたいのであれば断然ハイエンドパソコンにしましょう。

ゲーミングPCとクリエイター向けPCの違い

ハイエンドタイプのパソコンには2種類あり、ゲーミング用かイラスト(動画・3DCG)作成用の2種類から選ぶことになります。

ゲーミング用は搭載されているグラフィックボードがゲーム向けのものになりゲームがサクサク動きます。対してイラスト向けのパソコンはゲーム向けのグラフィックボードが搭載されていないのでゲームの動作が少し不安定になります。

これだけ見るとゲームをプレイする可能性のある方はゲーミングパソコンが良いのではないのかと思われるかもしれませんが、パソコンゲームの動作にはメモリの搭載量がほとんど影響しない関係上、メモリが少なくなっている傾向があります。

それらを加味すると、パソコン上でネットゲームなどをプレイされない方は「クリエイター向けPC」、ゲームもイラストもやりたい方は「ゲーミングPCにメモリを別途搭載」することをおすすめいたします。

おすすめの25万円程度のハイエンドパソコン

25万円以上のパソコンはハイエンドパソコンとしての第一条件ですが、メーカーなどによっては性能がかなり低いのにものすごく高く売られているなんてこともあります。それらのパソコンは一見するとものすごく性能がよさそうに見えてしまうので気づいたら買ってしまっていた・・・なんてことにもなります。

そんなトラブルがないようにこちらでハイエンドパソコンをいくつか選んでみました!もちろん性能は最強クラスのものですので、到着したその日から快適なパソコンライフが送れるようになりますよ!パソコン選びに失敗したくない方やどれを選べば良いのかわからない方はぜひこちらから選んでみてください。

クリエイター向けPCでハイエンドを選ぶなら「DAIV-DQX710S2」

CPU Core i7-6800K(6コア/定格3.40GHz/最大3.60GHz)
メモリ 16GB(PC4-17000/クアッドチャネル)
グラフィック Quadro P2000(5GB)
ストレージ 2TB HDD

DAIV-DQX710S2の価格を見る

クリエイター向けPCといえば、Quadro搭載です。Quadroとはクリエイター向けのグラフィックボードの種類の一つです。Geforceと違い深い色合いを表現できたり、マルチディスプレイに向いていたりなどのメリットがあります。ゲームには向いていませんが、パソコンでゲームをしないクリエイターの方にはピッタリのパソコンになっています。

その中でも「DAIV-DQX710S2」はBTOメーカー大手のmouseから販売されているクリエイター向けPCで、Quadro搭載の中でも私が自信を持っておすすめするBTOパソコンです。このままだと20万円なので、メモリを32GBにして、500GB SSDを追加すると25万円の予算感に合う価格になります。

ゲーミングPCからハイエンドを選ぶのなら「ガレリア ZZ」

CPU Core i7-7700K(4コア/定格4.20GHz/最大4.50GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200/デュアルチャネル)
グラフィック GeForce GTX1080Ti(11GB)
ストレージ 500GB SSD + 3TB HDD

ガレリア ZZの価格を見る

ガレリアZZはゲーミングPCのなかでも超ハイスペックを持っています。ゲーミングPCの弱点の一つでもあるメモリ搭載量の低さはカスタマイズでカバーすることができます。

素のスペックでメモリ16GBですが、カスタマイズで最大の64GBを選んで搭載しても27万程度で購入できます。ゲームもプレイしたい!イラストも描きたい!な方にはぴったりのハイエンドPCです。また、GTXは動画編集や3DCGにも強いので動作を編集される方やMMDをやりたい方にもおすすめです。

ノートパソコンでハイエンドタイプを選ぶなら「ガレリア GKF1070NF」

CPU Core i7-7700HQ(4コア/定格2.80GHz/最大3.80GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200/クアッドチャネル)
グラフィック GeForce GTX1070(8GB)
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

ガレリア QSF1070HGSの価格を見る

ノートパソコンにももちろんハイエンドタイプがあります。ノートPCは少し昔は性能でデスクトップにかなわないと言われていましたが、現在ではその差が少しずつ少しずつ縮まってきています。そんなノートPCのなかでも最新型は下手なミドルスペックのパソコンの性能を凌駕するようになりました。

そんなノートPCのハイエンドタイプでおすすめのモデルは「ガレリア GKF1070NF」です。ノートPCもデスクトップと同じように値段に糸目をつけなければもっと性能が良いものはあるかもしれませんが、この値段でこの性能のガレリア GKF1070NF以外ありません。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。