クリエイター向けPCの選び方

ホーム / クリエイター向けPC / クリエイター向けPCの選び方 / CD / DVD / Blu-ray を読み込む光学ドライブの選び方

CD / DVD / Blu-ray を読み込む光学ドライブの選び方

投稿日: 更新日:

パソコンを購入しようとしたときに見落としやすいポイントとして光学ドライブの有無があります。最近のパソコン、特にノートパソコンなんかには光学ドライブが搭載されていないことがあります。最初からついてなければいらないんじゃないの?なんて思った方、後から後悔することになるかもしれません。

また光学ドライブにも種類が多岐に渡ってあるのでどれをどの用途で使うのかを把握しておくようにしましょう。「とりあえず搭載されていれば良い」という考えはNGです。今回は光学ドライブについて解説していきます。

光学ドライブとは?

まず光学ドライブについて。光学ドライブというと何のことかわからない、という方も多いのではないでしょうか。光学ドライブの「光」とは光ディスクという単語を指しています。この光ディスクというものは「CD-R」や「DVD+RW」、「BD-RE(ブルーレイ)」のことで、光学ドライブとはこれら光ディスクを読み込むためのデバイスなのです。

また一口に光学ドライブと言っても、デバイスごとに読み込める光ディスクが違ったり、書き込めるタイプもあったりなど意外と種類が豊富です。光学ディスク搭載パソコンと言ってもどのタイプの光ディスクが読み込めるのか、または書き込み機能があるのかなど知っておいた方がパソコンを選ぶ際にも迷い無く欲しいものが選べるようになります。

ちなみに光学ドライブの取り替えは自作をされたことがある方なら問題なく行えるでしょうが、通常のパソコンやノートパソコンは取り替えがかなり面倒くさく難しいです。「必要になったら取り付ける」などというのは初心者はやめておきましょう。

光学ドライブの種類

先ほども述べた通り光学ドライブにはいくつか種類があり、それによって機能が変わってきます。どれがどんな機能を持っているのか一通り確認しておきましょう。

DVDコンボドライブ

DVDコンボドライブはCDまたはDVDの読み込みが出来るドライブです。CDやDVDの再生が出来る上、CDのみ書き込みも行えます。DVDには書き込みできません。最近のパソコンではめっきり見なくなってしまった光学ドライブですが、古いパソコンなんかにはこのタイプがかなり使われていました。

DVDマルチドライブ

CDの読み書き、DVDの読み書きができます。DVDコンボドライブにDVDの書き込み機能がついただけです。最近のパソコンに一番搭載されているタイプの光学ドライブで、とりあえず光学ドライブを選択したらこれが大体ついてきます。マークはDVDコンボドライブと似ていますが、DVDという文字の下に「MULTI RECORDER」と刻印されています。

ブルーレイドライブ

ブルーレイと名がついているのでブルーレイしか再生出来ないと勘違いしがちですが、基本的にこのタイプはCD・DVD・ブルーレイの全てのディスクの読み書きが可能です。ただ偶にブルーレイの読み込みしか出来ないタイプもありますが、そういうタイプは極わずかです。

光ディスクの種類

パソコンのDVD-Rは電気屋などで売られていますが、DVDの後ろに付いている-Rとはどういうことか知ってますか?実はこの-から始まる英字には複数種類があり、その英字を見ることで何が出来るのかがわかるんです。表にして見やすくしてみました。

-ROM CD / DVD
-R CD / DVD / Blu-ray
-RW CD / DVD
+R DVD
+RW DVD
-RAM DVD

これ以外にも種類がありますが、基本的に使うのは上記くらいなので大体覚えておきましょう。

光学ドライブがあると便利なこと

意外と使いそうで使わない?光学ドライブですが、こういう時に便利かもという用途をまとめてみました。パソコンを購入する際にこれで使う用途があるかどうかがわかりますね!

  • PCソフト系統のDVDダウンロードが出来る
  • 素材の本などの付属DVDやCDなどが開ける
  • CD・DVDの再生

何にせよ使わないと思っていても唐突にDVDをパソコンで再生させなくてはいけなくなる日が来るかもしれません。そういう場合、外付けタイプを購入しなくてはいけない上、緊急を要する用事だった場合大変な目に合う可能性だってあります。そこまで高額なものでもないですし、合った方が絶対に便利です。

光学ドライブの書き込み機能って必要?

あると便利なことのほぼ全部が「読む」機能に集約されています。「書く」機能はどのような時に使うのでしょうか。正直なところこの機能はあまり使用しません。DVD-ROMなどにデータを書き込むよりもフラッシュメモリで持ち歩く方が楽ですしね。ソフトを制作するとき何かには使うのではないでしょうか。それでも使用頻度はかなりありませんよね。ただいらないと言っても最初からついてはいますが。

外付けの光学ドライブ

近年のノートパソコンはどんどん薄くなっていってるのでそれに伴い、光学ドライブが付いていないことが多くなってきました。また、タブレットPCなんかも当たり前ですが光学ドライブは非搭載です。ないとソフトウェアをインストールするときなどに不便です。そんな薄型のパソコンでも、普通のデスクトップパソコンでも使える光学ドライブが外付けタイプです。USBで接続するだけで使えるので誰でも簡単に光学ドライブの増設ができます。

この外付け光学ドライブにも種類が多く、DVDやCDが読み込み出来るもの、DVDが書き込めないもの、ブルーレイまで読み込めるものまで多種多様です。どれを選べばいいのか悩みがちですが、外付けの場合は商品説明欄に出来ることが書かれているのでわかりやすいです。とりあえず迷ったら全部が出来るタイプを選ぶと良いでしょう。

ただしブルーレイまで見れるタイプの外付け光学ドライブは価格が高いです。下手をすると3倍くらいの差がでます。特にブルーレイを再生する予定がないのならポータブルDVDドライブが良いでしょう。オススメはメーカーがASUSのポータブルDVDドライブで、Amazonでも1位を獲得しています。

ASUS バスパワー対応ポータブルDVDドライブ

光学ドライブの故障

光学ドライブは、駆動するためモーターの故障・読み取りレンズの不良などが故障する可能性があります。光学ドライブが故障したら、修理に出すか交換するか、外付けを使うかで対処しましょう。交換する場合は、静電気に気をつけて、別のコードに触れないように注意しなくてはいけません。新しい内蔵光学ドライブも必要になるので、故障したのなら外付けタイプを購入した方が良いでしょう。

おすすめの記事