クリエイター向けPCの選び方

ホーム / クリエイター向けPC / クリエイター向けPCの選び方 / お絵描きにはノートパソコンよりもデスクトップが断然おすすめ

お絵描きにはノートパソコンよりもデスクトップが断然おすすめ

投稿日: 更新日:

クリエイター向けPCはデスクトップとノートパソコンがあります

お絵描きのために新しくパソコンを買う時、デスクトップにするかノートパソコンにするか悩みませんか?タブレットという選択肢もありますが、それはあくまでも趣味レベルや息抜きでのお絵描きのための物です。本気で描こうと思ったらしっかりとしたスペックのクリエイター向けPCを使うべきです。

ではデスクトップとノートパソコンのどちらを選ぶべきでしょうか。それぞれ価格、使い勝手、スペック、コスパ、拡張性など様々な違いがあります。先に結論を書いてしまうと私はお絵描きのためならデスクトップをおすすめします。その理由を詳しく解説していきます。

デスクトップとノートパソコンのメリットを比較

まずデスクトップとノートパソコンでお絵描きをする場合のメリットをまとめてみます。

デスクトップ 選択肢が多い。
安くてコスパが良い。
性能が良い。
液晶モニターとキーボードを自分で選べる。
大画面でお絵描きできる。
ノートパソコン 小型で場所をとらない。
持ち運びできる。

このように比較してみるとわかりますが、ノートパソコンのメリットって小型なことだけです。さすがにデスクトップは持ち運びするのが困難ですが、外でお絵描きすることなんてまずないでしょうから、イラスト制作用PCは自宅用と割りきることをおすすめします。

デスクトップは選択肢が多い

家電量販店に行くとデスクトップよりもノートパソコンのほうがたくさん置いてあります。しかしパソコン業界全体、特にBTOパソコンではノートパソコンよりもデスクトップのほうがたくさんあります。

それもそのはずデスクトップ用のパーツのほうが選択肢が多いのです。特にCPUとグラフィックボードはデスクトップ用のほうが多くの種類があるため、自分にぴったりのスペックのパソコンを見つけやすいです。

そしてパソコン本体の大きさもデスクトップのほうが種類が豊富です。ノートパソコンなら13インチ、15インチ、17インチの3タイプくらいしかありません。デスクトップはスリム型、キューブ型、ミドルタワー、フルタワー、NUC、スティックPC等、大きなものから小さなものまで揃っています。小型デスクトップにはノートパソコンよりも小さいものがあるくらいです。

デスクトップのほうがコスパが良くて高性能!

Photoshopで解像度の高いイラストを書く場合、高性能なパソコンを使うことが大切です。低性能だと固まったり、マウスカーソルが遅延したり、読み込みが遅かったりとまともにお絵描きできません。

ここで問題になるのがコスパです。例えば20万円のハイスペックPCを探すとしましょう。20万円のデスクトップと20万円のノートパソコンとでは性能が全然違うのです。ノートパソコンには液晶モニターの料金が含まれているとはいえ、同価格だとデスクトップに比べて70%程度の性能しかありません。

では実際にどれくらい性能やコスパに差があるか比較してみましょう。20万円のデスクトップとノートパソコンを選んでみました。

パーツ デスクトップのスペック ノートパソコンのスペック
CPU Core i7-6700K(4コア/4.00GHz) Core i7-6700(4コア/3.40GHz)
メモリ 32GB 16GB
グラフィックボード GTX980(性能11000) GTX965M(性能5600)
ストレージ 480GB SSD + 3TB HDD 240GB SSD

もう性能が全然違います。メモリとグラフィックボードは2倍の差がついています。ストレージはそれ以上です。同じ価格なのにここまでスペックに差があるのですから、デスクトップのほうが遥かにコスパが良いとわかるはずです。

液晶モニターを自由に選べる

どんなに大きなノートパソコンでも液晶モニターの大きさは17インチです。イラスト制作をしている人ならわかるはずですが、画面は大きい方が絶対に描きやすいです。

ノートパソコンの映像出力端子を使えば外部液晶モニターに映し出すことも可能です。しかしそれなら最初からデスクトップを買うべきです。デスクトップならデュアルモニターにすることも簡単です。24インチのデュアルモニターにすると作業効率が非常に良くなります。

結論!イラスト制作用PCはデスクトップを選ぼう!

このようにお絵かき用のパソコンにノートPCを選ぶ理由なんて1つもありません。パソコンに詳しい人やプロのイラストレーターは必ずデスクトップを選んでいます。まずはノートパソコンを選択肢から除外して、デスクトップの中からイラスト制作用PCを探すことをおすすめします。

おすすめの記事