人体・顔の描き方

簡単な横顔の描き方

投稿日: 更新日:

正面の顔が描けるようになってきたら、次は横顔に挑戦してみましょう。横顔は正面の顔と比べると、バランスを取るのが難しいので描くのが難しく感じられるかもしれません。

(1)頭部の構造を理解する


頭部はこのような形をしています。最終的にこのような形になるように描くわけですが、いきなりコレを描けと言われても難しいのでこの形に至るまでの工程を説明していきます。横顔にも色々種類はありますが、今回は萌え絵のような横顔にしていきます。

よく人体を描く時は筋や骨を理解していないとダメと言う人がいますが、筋はともかく骨格に関してはリアルを追求して描いてしまうとかわいさが欠けてしまうことが多いのです。かわいさを求めるには、リアルを追求しすぎずに柔らかさを意識する必要があります。

(2)頭の土台を描く


(1)の画像を見ると、横顔は丸が土台になっているのがわかるかと思います。まず頭の土台の丸を描きましょう。丸を描く時には若干横長い楕円状に描く方が、綺麗な横顔になります。なぜ横長になるのかというと、人間の頭は「前頭骨、頭頂骨、後頭骨」という3つの骨で構成されています。頭に3つ骨が入っているので当然横長になるのです。

(3)首を描く


線対称、または若干左(顔のある方向)に傾けて描きます(人間の頭は前のめりになっているため)。ただ、線対称にしておいた方がバランスは取りやすいです。後で修正するので大まかに描いておくだけでOK。

(4)丸を均等に4分割する


目や耳、鼻の位置のアタリになります。まず最初に2分割してからそこから4分割にすると綺麗に分割出来ます。

(5)鼻から顎のラインを描く


ここが横顔で最重要箇所となります。今回はかわいい横顔ということなので、鼻などの凹凸は最小限にして、アゴのラインは水平にし、口のラインはアゴより鼻(上部)の方が少し出っ張るくらいがちょうど良い感じになります。

(6)咽喉を描く


顎のラインから首のラインへ曲線を描きます。ここで頭が前のめりになっていた場合修正が可能になります。ついでに首の後ろ側も傾けておくとなお良いと思います。

(7)耳を描く


耳は鼻と同じ高さです。また首の中心から少し後ろ側に位置しています。耳の形は絵柄に合わせて色々試してみるのが良いかと思います。どうなってるのかわかりにくい人は、実際の耳をみてどのようになっているのかを確認しましょう。

(8)目を描く


丸4分割の下から2番目の位置に目を描きます。目の形は好みで。下瞼のラインは鼻に沿わせるとバランスが良くなります。閉じている目を描く場合も同様です。

(9)口を描く


(5)で描いた顎から鼻にかkてのラインの中央に口を描いていきます。口を描くときには、唇の出っ張りを最小限にしましょう。そもそも出っ張りは必要ないかもしれません。また頭の内側に向かって曲線の口を描いた後、左側を削り口が中耳浮いている感じにするとかわいく見せることが出来ます。これは横顔で口を閉じている場面に限らず、正面顔の口や開口時も同様です。

(10)鼻と顎を強調する


鼻と顎だけはすこし尖らせて抑揚をつけます。ただ、絵柄を柔らかくしたい場合はこの工程は飛ばした方がいいです。

(11)頬や頬骨を描く


女の子特有の頬の柔らかさは正面だと形状だけで簡単に表現できます。しかし横顔の場合、頬紅くらいでしか表現方法がないので斜線の形状も意識して描くと良いと思います。

頬は目に近くなるように描いたり、頬骨のラインを耳の下部から顎の水平線の先端にかけて直線に近い曲線を描いたりするとかわいらしくなります。なお頬紅は塗りでも表現出来るので無理に描く必要はありません。

(12)髪の毛を描く


顎を覆うようにして髪の毛を描きます。つむじの場所を意識して描くと髪の毛にまとまりがでます。

(13)細部の修正


丸みや柔らかさを意識して鼻や顎などを修正していきます。細かい箇所を曲線に変えて修正しました。


完成形と、(1)で説明した頭部を比較してみました。きれいに頭部が収まっていますよね。

おすすめの記事