人体・顔の描き方

ホーム / 初心者向けイラスト制作講座 / 人体・顔の描き方 / 自然に見える髪の毛の線画を描く簡単な方法

自然に見える髪の毛の線画を描く簡単な方法

投稿日: 更新日:

髪の毛は線画が命

髪を描いてみると、何だか汚く見えてしまう・・・なんて思ってる人いませんか。何も考えないで髪の毛を描こうとすると、バランスが悪く格好が悪くなりがちです。よく見る失敗は、「髪の流れが表現出来ていない」「平坦な印象になっている」といったところです。綺麗な髪の毛を描くためには、きちんと流れを意識して、強弱をつけて描く必要があります。そうすることで自然な仕上がりになり、また彩色する際も綺麗に塗ることが出来るようになります。

はじめに

何も考えずに髪の毛のようなものを描いてみました。確かに髪の毛と言われれば髪の毛に見えなくはないですが、何となく違和感がありませんか。これは髪の毛を流れで考えずに、「前髪はこのへん、後ろ髪はこのくらいの長さ」というように毛先だけを考えて描くとこうなるのです。

試しに、この絵の髪の毛先から線を延ばしてみます。まとまりがないのが一目瞭然ですね。

髪の流れを考える

では実際に髪の毛を流れを意識して描いていきます。まずは頭の輪郭を描きましょう。そしてつむじの位置を決めます。つむじの位置にバツ印を付けておきます。印をただなんとなくつけるだけでなく、髪の流れの中心として「つむじ」を意識することがとても大切です。


つむじからの流れをイメージします。髪の毛が「つむじ」から頭の球体に沿うようにして軽く線を引いていきます。どう流れているのかを意識しながら描いていきます。


先ほどイメージした流れに沿って線をクリンナップすれば、頭から生えている自然な髪になります。緩いS字を2本、少しずれるように描くと、ひねりまで入って美しく流れる遊び髪ができあがります。


髪の毛先でも流れを表現します。長い髪は、C字やS字になるように軽く手首を使って描いてみて下さい。ゆるいS字を2本、少しずれるように描くと、ひねりまで入って美しく流れる遊び髪が出来ます。

髪の線画を考える


おそるおそる線を引くと線が硬くなり、髪のしなやかさが失われてしまいます。「丁寧に確実に描こう」などと考えすぎずに、素早く線を引いてみて下さい。


また線は「入り」と「抜き」を細く、中央に向けて太くしていくと線画に力感が生まれます。また、線が重なる部分に黒ベタを入れることでビシッと締めることもできます。

毛束を考える

イラストは実際の髪の毛よりもかなりアレンジが加わっているとは言え、ここまで髪の毛の毛束が固まっているとどうしても平坦な印象になってしまいます。そこで毛束に変化を付けてあげます。まず大きな毛束を描き入れ、その先の方を2~3の毛束に分けましょう。ディティールに緩急が付き、見栄えのする毛束になります。

おすすめの記事