人体・顔の描き方

ホーム / 初心者向けイラスト制作講座 / 人体・顔の描き方 / 簡単にそれっぽく見えるキラキラ目の塗り方

簡単にそれっぽく見えるキラキラ目の塗り方

投稿日: 更新日:

キラキラした目をsaiで塗ってみよう。

目はキャラクターの命といっても過言ではありません。目が綺麗に描ければキャラクターの表情が豊かになります。そんな目の部分を仕上げるのは「塗り」による工程が大きな比重を占めています。

今回はsaiを使ってキラキラした目になるように塗っていきます。塗り方は人によって色々あるので、ここからアレンジして自己流の塗り方を作っていくのも良いと思います。

今回はこの線画をベースに塗っていきます。

(1)ベースを塗る

ベースを塗っていきます。線画レイヤーの下に「瞳」、「アイライン」、「白目」を別々のレイヤーで新規作成して、塗っていきます。ここで作った各レイヤーの上にクリッピングして塗っていきます。

影の色が目の色となるので、ベースの色は実際に作りたい目の色ではないものを選びましょう。今回は青い目を作っていくのですが、影を青で塗るので、ベースは緑系の色にしています。ベースと影の色が違うと、目はキラキラしたカラフルな仕上がりになります。アイラインの色は重たい印象を避けたかったので、茶色で塗りました。

(2)ハイライトを入れる

塗り進める前に、目にハイライトを入れていきます。このハイライトは目の線画の上に新規レイヤーを作り、鉛筆ツールを使って白で入れました。入れる場所は自分の好みでかまいません。ハイライトの位置でぐっと印象が変わるので試してみるのも面白いと思います。

(3)1影を入れる

瞳の中を塗っていきます。まず1影を塗っていきます。ベースレイヤーの上に新規レイヤーを作成して、塗りがはみ出さないように「下のレイヤーでクリッピング」のチェックボックスにチェックを入れて塗っていきます。

ベースより濃い色(今回は青色)を使って上から3分の2くらいをエアブラシツールで塗って、グラデーションを作っていきます。エアブラシツールは特に設定をいじらずに使っています。

(4)中心を塗る

実際の目でいう瞳孔部分を塗ります。鉛筆ツールに変え、(3)の時の色で楕円形になるように塗ります。うまく形を整えたり、位置を調整することもあるので別の新規レイヤーを作って塗った方が安心して塗れます。

(5)2影を入れる

2影を塗っていきます。新規レイヤーを作成し、クリッピングします。1影よりも明度低めで、彩度高めの色を選択し、エアブラシツールを使って(3)で塗った1影の境界線を残しながら同じように塗っていきます。

(6)瞳の下部

2影の色で瞳の下部、瞳の周りをぐるっと囲むように、同じくエアブラシツールで塗っていきます。

(7)瞳の中心

瞳の中心を塗ります。新規レイヤーを作成し、クリッピングします。1影で使用した色を選択し、鉛筆ツールで中心部を丸く塗ります。このとき先に塗った影よりも内側に描くようにします。塗り終わったらレイヤーの透明度を「50%」まで下げます。

(8)反射光

光が目に当たって反射している部分(反射光)を描きます。新規レイヤーを作成し、クリッピングします。筆ツールを使って、瞳の上部にうっすらと光を入れます。反射光の色は、暗めなものを選びましょう。今回は青緑の瞳なので、反射光は紫を使用しました。

(9)発光させる

瞳の下部を発光させます。新規レイヤーを作成しクリッピングしたら、今回はレイヤーの合成モードを「発光」に変更します。その後、鉛筆ツールを使って瞳の下部を茶色で光を入れていきます。その後、レイヤーの透明度を「50%」まで下げます。

発光レイヤーはPhotoshopにはありません。saiで作成したpsdデータをPhotoshopで読み込む際、発光レイヤーがあると覆い焼きレイヤーに変わってしまい、色味が変わってしまいますので注意しましょう。

(10)さらに発光させる

さらに瞳の下部を発光させます。(9)と同じ手順でレイヤーを作成し、(9)で描いた発光部分の中に入るようにさらにハイライトを入れます。その後また透明度を「50%」まで下げます。

(11)アクセントを入れる

更に色を足してアクセントをつけます。新規レイヤーを作成し、クリッピングします。鉛筆ツールで小さな丸をいくつも描き入れます。色は彩度が高めで影色よりも明るければどんな色でも良いと思います。入れる時に、鉛筆ツールの濃度をいじって薄いところや濃い所を作るとさらにキラキラした感じになります。

(11)瞳の下部に白いラインを入れる

(9)で発光させた部分に白い線を描きます。

(12)アイライン

アイラインを塗っていきます。最初に作成したアイラインを塗ったレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、クリッピングします。エアブラシツールを使って、目頭と目尻にアイラインを乗せます。

(13)アイラインにも反射光

瞳の反射光で使った色を使い、エアブラシツールで瞳の丁度上あたりを塗ります。

(14)白目に影を入れる

最後に白目部分に影を入れたら目の塗りは完成です。

おすすめの記事