人体・顔の描き方

ナナメ向きの胴体の描き方

正面以外から見た背骨

背骨は一見すると一番簡単なパーツに見えますが、他の部位が繋がるため一番のメインパーツです。背骨のアタリを取る際に、まっすぐな直線を背骨に見立てて描いている人をよく見ますが、正面以外で直線のアタリで取った場合、どんな意味があるアタリなのかわからなくなってしまいます。胸郭部の部分で説明したように、背骨は決して直線ではありません。正面以外から見た背骨はS字型に近いしなり方をしています。

S字背骨はどこまでなのか

一般的に背骨は股まで繋がっているイメージですが、S字で言われている背骨の部位は股まで伸びていません。おしりの割れ目の中心辺りで止まり、骨盤部が股まで伸びているのです。

背骨を描いたら胸郭を描く

胴体の角度が変わってもやることは同じです。簡略化した胸郭を背骨に乗せてみましょう。胸部は見る角度によって形が変わってくるので注意してください。

肋軟骨のアタリを描く

胸骨を引き、肋軟骨のあたりを描いていきます。正面同様、肋軟骨のアタリの終わりがウエストラインになります。

腹部のアタリ

腹部のアタリを描いて行きます。角度が変わることにより片側の腹斜筋はほぼ見えなくなり腹直筋のアウトラインで構成されるようになります。

正中線を引く

胸骨のアタリを伸ばし、正中線を股まで伸ばします。S字背骨は股までは伸びていません。

骨盤(腸骨)ラインを描く

ウエストラインから腹部の膨らみにかけて、骨盤(腸骨)ラインを描き、それまを股まで伸ばした正中線に合わせます。

大転子ラインを描く

ウエストラインを骨盤ラインから大転子ラインまでもう人膨らみ、股と繋げます。これで骨盤部のアタリは完成です。

身体の立体構造を意識する

正中線と簡略背骨で出来たライン、お尻から股を繋いだ線を塗りつぶせば立体が意識しやすくなります。ただ模写して真似るだけではまるで見えてこないので、身体の立体構造を考えながら練習していきましょう。

他のアタリを描き込む

そろそろ今まで描いてきたアタリがどのように身体になるのか気になってきた人もいると思いますので、鎖骨・頸部の辺りを追加してみました。だいぶ人体っぽくなってきたと思います。

最初の最低限の比率で上げた通り、首から肋軟骨の終わり「ウエストライン」までで1頭身ウエストラインから股までで1頭身。これで胴体部の2頭身が完成しました。頭を足せば3頭身になり、6頭身キャラの半分となります。

おすすめの記事