背景の描き方

下町の街角の描き方

投稿日: 更新日:

街角の背景を描いてみよう

街と一言で言っても色々あります。今回は「ビルの描き方」の記事で解説したような都会ではなく、下町みたいな町並みを描いていきましょう。ビルなどと同じように質感の描き方が重要になってきます。

ラフ・線画の作成

まずはラフ画を描いてそこから線画を作ります。今回は2点透視(画面外にVPを配置)しました。ちょうど建物の屋根がパースに沿った線なのでわかりやすいと思います。実際に描く際は、方眼紙を使って簡易的なパースラインを作ると簡単に線が引けるので便利です。ちなみにクリスタだと簡単にパースが引ける便利な機能があるのでそれを活用すると楽です。


線画を描く際はまず道路の位置を決めてから描くと良いです。道路に沿えば建物を配置する際も綺麗に収まりやすいと思っています。


建物はまず箱をイメージして外枠から描いていって、後から内部を細かく描いていきます。直線部分はツールを使うか、タブレットに定規を当てて引いていきます。ツールを使うと少しタッチが変わってしまうので気になる方は定規を使いましょう。

どうしてもパースから線画が描けないなら、写真をトレースするという方法があります。写真はパースの狂いなどの心配が無い上に線も迷うことはないのですが、画面の情報が多いので色々描き込んでしまいがちになってしまいます。ある程度いらないところは省くようにしましょう。

大まかな影の位置を決める


線画が描けたら光源を決めて大体の影の位置を把握しておきましょう。屋根からの落影などの大まかな影だけで十分です。キャラクターを描くときもですが、あらかじめ影の位置を決めておくと色を塗る際に迷わないので便利になります。

仮色を置いていく


次に色を決めておいていきます。仮色なので綺麗に塗る必要はありません。はみ出す勢いで塗っていきます。ついでに店の内部なども描き込みました。


さらに色を濃く置く部分を決めてメリハリをつけていきます。この作業をやっておくと、後からの色塗りでかなり楽になるのでがんばりましょう。

道路を描き込む

大体の色が決まったら各部位を描き込んでいきます。最初は一番手前にある道路から。


まず全体的な明度を調整します。新規レイヤーを作成し、「ソフトライト(発光)」モードに変え、濃いめの灰色で道路全体を塗ります。その上にさらに新規レイヤーを追加し「減算(乗算)」モードで薄い灰色で道路を塗って調節していきます。


最後に道路上の白線を描きましょう。白線を描く時は白色で描くのではなく、新規レイヤーを作成しモードを「スクリーン」に変え、白に近い青で塗ります。

建物を塗る


道路が出来たら建物を塗りましょう。まず建物の中でも濃い影が出来る場所から塗ります。中央にある店の内部や奧にある建物の窓を塗りました。


看板の影や窓の影など、1影の中の2影部分を塗っていきます。


壁などに質感が足りなかったので3影として質感を追加しました。


左側の影が薄かったので、新規レイヤー(乗算モード)を作り薄い青色を使ってさらに描き込みました。


中心のたばこ屋のカウンター部分を描き込みます。


カウンターの周りにある電話ボックスや自販機を描き込みます。


建物の2階部分と奧の草などの色を調節します。


自販機やたばこの入っているケースなどのハイライトを描き込みます。


ここまで描き込めたら影をハッキリ描き込んでいきます。この時の影の位置は線画を描く時に作った影の位置を参考にします。

まず光の当たっている部分を確定させます。光源の位置敵に左の道路の影がおかしかったので明るくしてから建物の影を決めます。ついでに道路のヒビをさらに描き込みました。

影の当たっている部分と光の当たっている部分とでメリハリをつけてあげます。影部分で薄くなっている所も濃くしてあげましょう。


木々や葉っぱ部分、布の質感、建物右手2階部分の手すりや空などを描き込みます。


右手奥にある空と地面の境界部分が不自然だったので建物と塀を追加して隠しました。


塗っている段階でせっかく描いたハイライト部分まで塗りつぶしていたことに気づいたので、細部を調整して描き込むついでに追加しました。

これで完成です。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。