背景の描き方

ホーム / 初心者向けイラスト制作講座 / 背景の描き方 / 雪が降っている山の描き方

雪が降っている山の描き方

投稿日: 更新日:

雪景色の描き方

冬といえば雪、雪といえば雪山ですね。雪は白一色なので何かと描きにくい印象ですが、微妙な色使いで綺麗に表現出来ます。

ラフ・線画を描く


雪山は雪が積もっていたりするので地面が直線では表せません。また、街と違い山は家もまばらで立てられている向きなども違ったりします。こういった背景を描く場合はパースを引かずに感覚でラフを描きます。地面を描いてから建物や木を配置します。


ラフが描けたら彩度の低い黒や灰色などを使って背景の山を描きます。一番後ろにある山々は質感ブラシを使って塗っています。「石・岩の描き方」で活用したブラシだと綺麗に塗れるのでオススメです。これを描くことで木々の位置などのイメージをつかみます。


白黒でイメージがつかめたらそのレイヤーの不透明度を保護して軽く色を乗せます。

奧の雪山について


今回、雪が吹雪いている風景を絵にしたいので遠くにある大きな山は雪で隠れてしまってあまり見えなくなります。そのためそこまで描き込まず、テクスチャを上からオーバーレイで重ねるなどしてごまかします。


テクスチャはオーバーレイで載せたら汚れるようなものであればどんなものでも良いです。今回はこちらを使いました。布や紙など自分で用意出来るものをスキャナで取り込み、白黒加工をかけてあげると自分だけのテクスチャが簡単に作れます。ものによってできばえが変わってくるので色々試してみるのも面白いです。

木々を描く

一番奥の山が出来たらその手前にある林もとい木々を描いていきましょう。雪山などにある木といえばモミの木なんかを思い浮かべるかもしれませんが、大体が背の高いタイプの木が自生しています。また、木の枝などに雪が積もっているのも表現しなければいけません。

手前の木・雪を描く


手前にある木はハッキリと描き込みます。とは言っても今回一番手前に生えている木は葉の生えていない枝のみの木になります。枝が重要になってくるのでまず枝のアタリから取っていきましょう。画像を見れば分かりますが枝の構造自体はシンプルです。この辺りは「植物・木の描き方」を参考にしてください。


アタリを参考に枝を描き込んでいきます。大きな太い幹以外は線で表現すれば良いだけなので太い幹を丁寧に描き込みます。幹を描く場合は濃い色から描くようにすると良いです。また、どうしても上手くいかない場合は質感ブラシを頼るのも手です。


枝が描き込めたら枝に雪を乗せます。思いっきり白色を乗せる方が綺麗に見えます。ついでに雪が積もった地面も描き込みましょう。彩度の若干低い青を使って塗っています。塗り方は山のハイライトを塗るときの方法とほとんど同じです。

家の後ろにある木


普通に木を描いてから、雪を描きます。奧にある木には葉の上に白い色を載せるだけでいいですが、一番手前にある木は細かく描き込まなくてはいけません。1本ずつ描き込んでもいいのですが、それだと面倒なので一つ枝を描き、それをコピー&ペーストで貼り付けていきます。ある程度貼れたらランダム感を出すためにすこし枝を描き込んだりしてあげましょう。

家々を描く


木々の手前にある家を描きます。奧に位置している家はアウトラインと窓などの特徴的な部分さえかけていれば良いです。一番手前にある家は他の家とは違い、ハイライトを描き込んであげます。そこまで詳細に描き込む必要はありませんがわからない部分がある場合は山小屋の資料を探してきましょう。


屋根の影など明度のおかしい部分を補正していきます。彩度が高すぎると浮くので彩度を落としましょう。

雪をを描く


雪を描き込んでいきます。何かを散らして描きたい場合はPhotoshopのブラシの機能を使うと楽に描けます。ブラシのプロパティから「シェイプ」や「散布」の項目を弄ることで点を散らして描けるようになります。雪の場合、これだけでは躍動感がないので「フィルター>ぼかし>ぼかし(移動)」を使って動きを出してあげると良いです。


吹雪いているとどうしても視界が悪くなりますよね。視界の悪さも少しプラスしてあげましょう。ハッキリしたままだと後ろの山がぼけてみえるのも不自然になるのでぼかした白色を使って色々な所を曖昧にしていきます。

仕上げを行う


このまま仕上げても良いですが、メリハリを少しつけたかったので窓に明かりを灯していきます。少しだけ彩度の低いオレンジを窓にベタ塗りしてぼかしてあげてレイヤーをオーバーレイモードに切り替えるだけです。これだけでメリハリが出ます。少し色が強い場合は不透明度を弄って調節しましょう。


最後に隅の明度を下げたり細かい色調節を行えば完成です。

おすすめの記事

このカテゴリの記事

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。