燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / 板タブレットに向いている人もいる!あえて板タブを使うメリットとは

板タブレットに向いている人もいる!あえて板タブを使うメリットとは

投稿日: 更新日:

プロならみんな液晶タブレットを使っている。そう思っている人も少なくないでしょう。ですが逆に、液晶タブレットよりも板タブレットの方が使いやすいと、あえて板タブレットを使い続けているプロも少なくありません。その理由とは?

あえて板タブレットを使うプロの、特によく聞く声を3つご紹介します。

実は板タブレットの方が視差が無い!

あえて板タブレットを仕様しているプロの声で一番多いのがこれです。液晶タブレットだとどうしても視差があります。最新のものはどんどん視差が少なくなってはきていますが、この直接描いているような描いていないような微妙な感覚。わずかな視差でも意外とストレスになるんですよね。

その点で言うと板タブレットは、画面上のカーソルを見ながら作業するわけですから視差を気にする必要はありません。慣れるまでが大変ですが、慣れてしまうとこの視差を気にしなくて良い描き味がかえって好みだというプロは多いです。

手の動きが小さくてすむ!

そして次によくあげられる声がこちら。液晶タブレットだと大きなストロークの線などは手もそのストロークぶん大きく動かさなくてはなりませんが、板タブレットの場合、画面に直接描き込むわけではありませんから、手元の動きが小さくても大きなストロークの線が描けるわけです。

あえて板タブレットを使っているプロは、これによって腱鞘炎になりにくくなったと言います。とくに短時間で大量の絵を描かなくてはいけない漫画家にとっては手の動きが小さくてすむのは大変ありがたい点です。

なんといっても安くて軽い!

液晶タブレットと比べて、板タブレットはとってもリーズナブル!これからデジタル機器を揃えたい人にとってはとても大助かりですね。

重量も液晶タブレットに比べてとても軽いのでどこでも気軽に持ち運べますから、値段も高くて重量ある液晶タブレットを持ち歩くには勇気がいりますが、板タブレットならノートパソコンと一緒に外出先で気軽に使えます。「外出先でもちょっとした仕事ができる」「タブレットを膝の上に乗せて作業できる」などの声多数です。

初心者向けおすすめペンタブレット(板タブ)と選び方

板タブレットに向いていない人は?

板タブレットはとにかく慣れるのが大変です。デジタル初心者はまずは液晶タブレットをと言われるのはここが理由です。

とくに長年アナログで描いてきてパソコンや機械が苦手だと言う人が、これからデジタルイラストに切り替えたいという場合は注意が必要です。そういう人が板タブレットにしてしまうと挫折しやすいと言われています。アナログ歴が長く、機械が苦手なら液晶タブレットがおすすめです。

ですがもし機械の得意な人なら、板タブレットに慣れるのも比較的早いので、無理に液晶タブレットを買わなくても板タブレットでじゅうぶん快適に作業できるようになるでしょう。

ペンタブレット(板タブ)・液タブ・タブレットPCの違いを比較

まとめ

本格的に描くなら液晶タブレットは必須!そんな思い込みは捨ててしまってかまいません。板タブレットを使っているプロも意外と多くいますよ。自分に本当にあった道具を使うのが一番ですから、いろいろな道具を試す意味でも、無理して液晶タブレットを買わずに板タブレットからはじめてみるのも十分ありですね。

板タブレットだから液晶タブレットより上手く描けないなんて事は一切ないので、安心して、自分にあった方を使ってくださいね。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。