燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / iPadをサブディスプレイ化するとイラストの効率がアップする3つの理由

iPadをサブディスプレイ化するとイラストの効率がアップする3つの理由

投稿日: 更新日:

iPadは指先でタッチして操作できるのでとても便利ですよね。これがもしサブディスプレイにできたら?左手でタッチしてツールを変更したり、レイヤーを選択したり、可能性は無限大!デジタルイラストの作画効率アップ間違いなしですよ。

iPadをサブディスプレイ化したほうが良い理由

具体的にiPadをサブディスプレイにするとイラストを描くときにどんな良い事があるのでしょうか。効率アップする理由を3つご紹介します。

イラストを描く上で重要!おすすめの液晶モニターと選び方

1、作業画面の整理

イラストソフトにゴチャゴチャあるパレットやウィンドウ。作業画面が狭くなってしまってとっても邪魔ですよね。そんな時はiPadの画面上に作業ディスプレイを全て移動させてしまいましょう。作業画面が広々と使えるようになりますよ。

2、かんたんタッチ操作

iPadの画面上に作業ディスプレイを移動させる話をしましたが、これをするともうひとつ良い事があります。iPad上にあるウィンドウなら指先ひとつで操作できるようになるんです。

ツールの切り替えも指先でタッチ。レイヤーの選択も指先でタッチ。もちろんタブレットやマウスのカーソルをiPadの画面上に移動してそちらで操作することも可能。右手はペンタブレットを持ち、左手でツールを操作すれば効率がグッとアップします。

3、かんたん液晶タブレット化

液晶タブレットを持っていない人は、iPadProとiPadPencilの組み合わせで液晶タブレットのように使う事も可能です。ペンの筆圧レベルなどはワコムに大きく劣るので描き味は好みがわかれるところですが、かんたんなイラストなどは格段に描きやすくなりますよ。

iPadをサブディスプレイ化する方法

やり方はとっても簡単。iPadで『Duet Display』をダウンロードして、パソコンにも同ソフトをダウンロードするだけ。あとはiPadとパソコンをUSBで繋げればすぐに使う事ができます!

iPadをサブディスプレイにするときの注意点

iPad側で『Duet Display』を終了したり、iPadを閉じると、サブディスプレイも解除されてしまします。するとiPadの画面上に表示されていたウィンドウが全てメインウィンドウに集まってきてしまい、イラストソフトのパレットなどをiPad上に移動していた場合は作業画面のレイアウトが大幅に崩れてしまいます。

iPadをサブディスプレイにしているときのレイアウトと、接続していないときのレイアウト、両方を登録しておきましょう。ClipStudioPaintの場合は『ウィンドウ』>『ワークスペース』>『ワークスペースを登録』で登録できます。

イラストを描いてる最中に指先でタッチするだけでツールが切り替えられると作業効率がグッとあがります。パソコンの設定画面で解像度やディスプレイの配置も自由に変更できるので作業しやすく画面をカスタマイズできますよ。もっと絵を描くのが楽しくなりそうですね。

タブレットPCやiPadでお絵かきをする方法とおすすめのタブレット

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。