燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / ダイソーのコピックのようなイラストマーカーが話題!使い心地は?

ダイソーのコピックのようなイラストマーカーが話題!使い心地は?

投稿日: 更新日:

アナログイラストに欠かせないコピックですが、1本250~380円とやや高額で、これからアナログイラストをやってみようかなという人にはなかなか手を出し辛いですよね。

最近発売されたダイソーのコピックのようなアルコールマーカー「イラストマーカー」が今話題になっています。こちらは2本セットで108円ととってもリーズナブル!そこで書き味や使い心地、本家コピックとの違いをまとめてみました。

ダイソーイラストマーカーと本家コピックの違いは?

コピックに似てると話題のダイソーイラストマーカーですが、どこまで似ているのか、実際の使い心地はどうなのか、比較してみました。

コピックはブラシのようにしなやかなペン先、イラストマーカーは硬いペン先

コピックといえばブラシのようにしなやかなペン先ですが、ダイソーのイラストマーカーはペン先が硬く書き味はカラーペンに近いです。細かい所を塗るときも、ブラシのように力の入れ具合で線の太さを自由自在にできるコピックと違い、ダイソーのイラストマーカーは細い線を出すのは難しいですが、プロのような緻密で本格的なイラストでなくスケッチブックにササっとらくがきをするような使い方なら気にならないでしょう。

コピックは他の色とも馴染ませやすく、イラストマーカーは馴染みにくい

コピックは他の色と馴染ませやすく、簡単にグラデーションのような繊細な色の変化を付けられます。一方でイラストマーカーは他の色と馴染ませ辛く、くっきりとしたイラストには向いていますが繊細なイラストを描きたい場合にはテクニックがいるようです。

とはいえダイソーのイラストマーカーはコピックのように、カラーレスブレンダーといって無色の色を馴染ませる用の色まで出ているので、これを駆使すれば繊細なイラストを描くのも可能。100円均一でカラーレスブレンダーが買えるのは嬉しいですね。

発色はコピックと比べてもイラストマーカーは◎

ダイソーのイラストマーカーの発色はとても良いと評判です。かすみもなくとても綺麗と大評判。この価格でこのクオリティなら大満足という声が非常に多いです。

低価格で発色も良いうえにカラーバリエーションも豊富なので、全色揃える人も増えています。揃えるついでに保存用のケースもダイソーで探したら楽しいですね。

注意点として、裏映りしやすいのはコピックもダイソーのイラストマーカーも同じなので、ほぼ日手帳など日記や手帳に使う事を考えている人は他のペンを検討した方が良いでしょう。

気軽に描くならコスパの良いダイソー

総合してみると、細かいところが塗りづらかったり色が馴染みづらかったりと多少コツがいるところはありますが、発色はコピックと比べても決して劣らないので気軽にらくがきをしたいときには重宝するでしょう。

軽いらくがきや練習絵をインクの量を気にせずたくさん描きたいときにこの2本セットで100円、1本50円という価格でこのクオリティは大変有難いですね。

初心者さんの練習には扱いやすいコピックがおすすめ

一方で、これからアナログ塗りを練習してみようと考えている初心者さんは、ダイソーのイラストマーカーはやや難しくコツがいるので苦手意識が大きくなる事もあり注意が必要です。これからアルコールマーカーでの塗り方を覚えるならコピックの方が細かく塗れて色も素直に馴染んでくれるのでコツがつかみやすいですよ。

値段のはるコピックを揃えるのは大変ですが、パステルのような薄い色で、ピンク、水色、黄色の3色が揃っていれば塗り重ねでいろいろな表現が可能なのでそこから練習していくのも一つの手です。カラーレスブレンダーも揃えておくとなお良いですね。慣れてきてから、コピックで色を揃えるかダイソーのイラストマーカーで揃えるかを改めて検討してみてはいかがでしょうか。

初心者向け!アナログイラスト制作のために揃えたいおすすめのアイテム

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。