燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / ゲーミングマウスのDPIとはどういう意味?DPIを高くするメリット・デメリット

ゲーミングマウスのDPIとはどういう意味?DPIを高くするメリット・デメリット

投稿日: 更新日:

今回はFPSゲームで良く見るマウスのDPIについて書いていこうと思います。マウスを選ぶなら安いものよりゲーミングマウスを選ぶ方が色々と便利なのですが、よく宣伝文句として○○DPIまで設定が可能、というように書かれている事がありますよね?

このDPI、パソコンを普通に使ってきた人やゲームをよくやる方でも知らない人って割と多いんです。実際に私もFPSを始めるまでは全く知りませんでしたし気にも留めていませんでした。

今回はDPIとは何なのか、どういう風に設定すれば良いのかを私なりの考えで書いていきます。

まずはセンシについて

これはDPIより良く聞く言葉ではないでしょうか?センシとはセンシビティの略で要はマウス感度の事を指しています。このセンシはPCの設定から変えられます。FPSゲーム内でもオプション項目からセンシ(感度)が変えられるようになっています。

センシにはハイセンシ(高感度)、ローセンシ(低感度)といったのがありますが、これらはマウス移動量に対してカーソル移動量の違いを示しています。

細かく言うとマウスを同じ距離移動させると、ハイセンシの方はディスプレイのカーソルが大きく移動し、逆にローセンシだとカーソルが全然移動しません。私はDPIについてよくわかっていない間はハイセンシにしていました。そっちの方が視点がぐりぐり移動して使いやすく感じていたからですね・・・。

DPIとは何なのか

DPIとはdots per inchの略でドット密度の単位のことです。簡単にマウスで言うDPIというのは実距離でマウスを1インチ移動させたときに○○インチ移動する、ということを指します。つまり1600DPIだとマウスを1インチ移動させたときに1600ドットカーソルが動くということになります。センシを変えない場合はDPIが高いとハイセンシになって、DPIが低いとローセンシになります。

ここで気になるのがハイセンシで低DPIに設定しているものと、ローセンシで高DPIに設定しているものです。どちらも同じように見えるのですが何が違うのでしょうか。実はこの二つは似ているようで全然違い、DPIが低くて感度が高い場合だとカーソル飛びやネガティブアクセルといった現象が起きやすくなります。

理由はDPIでこの数値が低いとマウスのセンサーが読み取れるドット数が少なくなり、マウスを動かした時の読み取る情報量が少なくなってしまうからです。そのためDPIが低い状態でハイセンシにすると上記の不具合が起きやすくなってしまうのです。そのためDPIを低く設定した状態で不具合を回避するにはローセンシにしなくてはいけなくなります。

以上の事からFPSをプレイする際はDPIは高く、センシは低く、という設定が良いと言われているというわけです。

DPIを高くすると起きること

じゃあとりあえずDPIを高くしておけばいいのか!と思った方、急に高DPIでマウスを動かすともの凄くビックリすると思います。マウスの動きがもの凄く速くなり慣れるまでは小さいアイコンのクリックなどがしづらく感じると思います。人によってはもの凄く使いにくく感じることもあるかもしれません。

後はこのDPIというものはゲーム、特にFPS以外ではあまり意味はないです。FPSゲームをこれから始めようと思っている方や今遊んでいる方でエイムを上達させたい方なんかはゲーミングマウスに変えてDPIを弄ってみると良いと思います。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。