燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / お絵描きタブレット「raytrektab DG-D08IWP」製品発表会の様子をレポート!

お絵描きタブレット「raytrektab DG-D08IWP」製品発表会の様子をレポート!

投稿日: 更新日:

ドスパラのお絵描きタブレットが発売前から絵師業界で大きな話題になっていました。Windowsタブレットで筆圧感知があるって、まさにみんなが待ち望んでいた製品ですよね。

そのお絵描きタブレット「raytrektab DG-D08IWP」の製品発表会に招待されて行ってきたので、どのような様子だったのかをレポートしてみます。

ドスパラ raytrektab DG-D08IWP 評価・レビュー



まずはraytrektab DG-D08IWPがどのようなコンセプトで生まれた製品なのかの説明がありました。8インチで約400gという小型なサイズのおかげでどこにでも気軽に持っていけます。

また、Windows10 Homeがインストールされているため、普段Windowsを使っている人ならソフトウェアの差異に悩まされることもないですし、いつも通りの感覚で使えるのが大きなメリットです。



何と言っても製品開発者の方がお絵描き好きですから、私達の気持ちを本当によく理解されていると感じました。外出先で気軽にささっとお絵描きを楽しむためのタブレット、というコンセプトのようです。

確かにraytrektab DG-D08IWPは8インチですから本気でお絵描きするためのものではありません。しっかり描くなら自宅の液タブで、外で落書きするならraytrektab DG-D08IWPという使い分けを想定されているようです。



raytrektab DG-D08IWPに同梱されている4096階調の筆圧感知ペンは紙に描いているような描き心地です。標準芯に加え、粘り気のあるエラストマー芯、マーカーのようなフェルト芯の3種類が初めから付いてきます。自分の好みに応じて選べるのは嬉しいですよね。



さらにraytrektab DG-D08IWPには「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」がバンドルされています。シリアルコードが付属されているのですぐに製品版を使用できます。



そして製品発表会には「劉セイラ」さんがゲストとして来ていました。劉セイラさんは中国語と日本語を巧みに操る声優さんで、「美少女戦士セーラームーンCrystal」の月野進悟やNHK Eテレ「テレビで中国語」ナレーション等で活躍されています。

声のお仕事だけでなくイラストも上手く、「教えて 劉老師! 2カ国語声優の日常」という漫画を執筆されています。今回の発表会では劉セイラさんがraytrektab DG-D08IWPを使用したライブドローイングを披露していました。



会話に参加しながら素早く4コマ漫画を描いていく劉セイラさん。早くて上手い!



顔のパーツをどの順番で描くかって個性が出て面白いですよね。劉セイラさんは口を最後に描いていました。



時間ぎりぎりになりましたが4コマ漫画完成!「デジタルイラストはどこまでもこだわってしまうからなかなか終われない」という言葉に何人も頷いていましたw



実際にraytrektab DG-D08IWPを使っている様子です。ささっと気軽に使えるのは本当に便利だなと感じました。ライブドローイングセッションの動画はすでに配信されています。

劉セイラさんによるライブドローイングセッション



raytrektab DG-D08IWPはあまりに人気のため、発売初日はドスパラの一部店舗で品薄になったほどだそうです。私も欲しくなってきたので、入手したらレビューしたいと思います。

raytrektab DG-D08IWPの詳細はこちら

ドスパラ raytrektab DG-D08IWP 評価・レビュー

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。