燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / デジタルイラスト作業用の机はかなり広めが必要!

デジタルイラスト作業用の机はかなり広めが必要!

投稿日: 更新日:

そろそろ引っ越しシーズンですね。家具家電を一新して新しい気持ちで新年度を迎えようと思っている方も多いのではないでしょうか。その中でも特にパソコンデスクの大きさには特に注意が必要ですね。普通はディスプレイを置けるくらいの大きさであれば良いですが、もう一台ディスプレイを置いたり、ペンタブや液晶タブレットを置いたりするのにはかなりの場所を必要とします。

デジタルイラスト用デバイスを机にどう配置するか

私は普段24型サイズのディスプレイ一台と、「おすすめの液晶タブレット(液タブ)と特徴、選び方」でも紹介した13.3型のcintiq13HDを使用し、液タブをディスプレイのの横に配置して描いています。これで大体120cmくらいの横の広さが必要になってきます。ちなみにこれでも物を配置しているのでかなりギリギリです。一番大きいサイズの27HDQがおおよそ13HDより横2倍縦2倍程度あるので更にスペースが必要になってきますよね。

横に置く以外ではディスプレイの前に置く方もいるかもしれません。私は液タブを立てかけて描くのでこの方法をとらないのですが、寝かせて描く方にはディスプレイの前に配置した方が描きやすいようです。この場合は横のサイズはディスプレイ以上あればいいですが、奥行きがかなり必要になってきます。快適に置くことを考えたら60cm、大きいサイズの液タブやペンタブの場合はさらに増やして100cmくらいは欲しいです。

これからデジタルイラスト用のパソコンと液タブやペンタブを購入する方は、意外と大きいのでパソコンを置く机の大きさに注意しましょう。他にも色々なデバイスがありますが、詳しくは「イラスト制作環境」でおすすめのものを解説しています。。

デジタルイラストにおすすめのパソコンデスク

個人的なオススメは広く作業スペースが使えるL字型のパソコンデスクです。大抵はかなり大きい作りになっているのでさらにプリンターやスキャナなどの周辺機器を置いたりすることもできます。このタイプはシンプルな作りが多いので、組み立てる際も簡単にできるのも魅力の一つです。


VEGA CORPORATION パソコンデスク L字型

L字型のパソコンデスクの中でも人気ナンバーワンがこれです。大きくて頑丈な作りになっている上、ビックリするほど作業スペースが広く取れるのでデジタルイラスト作業向けです。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。