燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / 無線LAN環境でネットが安定しないならルーターが原因かも?

無線LAN環境でネットが安定しないならルーターが原因かも?

無線LAN環境を作ってみよう

スマートフォンやタブレットの普及によって、今やパソコンがない家庭でも必需品となりつつある無線LANルーター(Wi-Fiルーター)。これってどれを選んでも同じだと思っていませんか?これから無線LANルーターを購入する方も、今すでに自宅に環境が整備されている方も一度確認してみましょう。

無線LANとは文字通り、LANケーブルを使わずにインターネットに接続する仕組みのことを指します。無線LAN環境を構築しておくとパソコンでもスマートフォンでもゲーム機でもわざわざケーブルを挿す必要もなくネットに接続が出来るというわけですね。

最近では無線LANという言葉よりWi-fiと呼ばれることが多いです。細かく言えば意味は少し違ったりするのですが、ほぼ同義と思ってもらって大丈夫です。無線LAN環境を構築するために必要な機器が無線LANルーターです。

この無線LANルーターはどれを選んでも良いというわけではなく、ルーターによって性能の善し悪しがあるのです。もし性能の悪いものや現在使っている環境と違ったタイプを選んで使うとネットの速度が遅いといった問題が発生してしまいます。

無線LANルーターの選び方

無線LANルーターの選び方は通信規格・値段の2点で選ぶことになります。通信規格というのはよく無線LANによく書かれている「IEEE 802.11a/b/g・・・」なんていう文字のことを指します。

正直、通信規格の説明をしても余計意味がわからなくなるだけなのでどれが良い物なのか見分けるだけで十分です。後ろにスラッシュ付きでついている小文字の英字(a/b/・・・など)ここの数が多いほど通信品質が上がる、とだけ覚えておきましょう。一番品質が良いのが「11a/b/g/n/」で他のものより3倍程度の速度が出るくらいのハイパワーになっています。

これさえわかっていれば後はルーターの値段から自分の予算に合わせたものを選べばOK。今回はどれを選べばいいのか分からない方のためにいくつかおすすめを紹介しておきました。

一人暮らしなどWi-fiの範囲が狭くても大丈夫な方には

価格が安いのが魅力的なエントリーモデルでも、選べば通信速度の良いルーターはあります。エントリーモデルは電波が届く範囲が狭かったり、壁などの遮蔽物があると上手くネットに接続できないなんてこともあるので注意が必要です。ワンルームなどで自分一人で使うのに適しています。

アイ・オー・データ WN-G300R

アイ・オー・データ WN-G300R

1戸建てで家族全員で使うならハイパワーモデル

一戸建てで無線LAN環境を作るなら、遠くまで電波が届いて遮蔽物をまたがって色々な部屋で利用できるようなハイパワーモデルが必要になります。エントリーモデルより価格が若干高くなりますが、電波が安定しているというメリットもあります。

バッファロー WZR-1750DHP

バッファロー WZR-1750DHP

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。