燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / 究極の小型パソコン!サブとしておすすめなスティックPC

究極の小型パソコン!サブとしておすすめなスティックPC

USBメモリーを少し大きくした手の平に乗るくらいの超小型&超省電力で人気なスティック型パソコンというものがあります。スティック型パソコンは低価格で持ち運びが簡単、またHDMI端子さえあればテレビ画面だろうがパソコンディスプレイだろうがどこでもパソコンとして使うことが出来るのが特徴です。

今回はそんなスティック型パソコンの性能と、このパソコンを使ってお絵かきは出来るのか?を検証したいと思います。ちなみにこのスティック型パソコン、本体だけでは何も出来ないので、先に必要なデバイスを追加してあげなくてはいけません。

基本的にスティック型PCにはUSB端子が一つしかついていません。ここにマウスやキーボード、ペンタブなどを追加しようとしたら、USBハブを追加するか、ワイヤレスのデバイスを使うかの2択になります。私的には、ワイヤレスのものを使う方がストレスは少なくて良いと思います。ケーブルを使うとかなり操作性が悪くなってしまうので。

今回使ってみたのはお絵かきソフトの中でも比較的動作の軽いSAIですが、かなりなめらかに動作していることがわかりました。まぁメモリの関係で解像度が大きいデータ、サイズが大きいデータ、レイヤーが多いデータなどの動作は無理ですが、軽くお絵かきをするくらいなら問題ありません。

それもそのはず、このスティック型パソコンはドラクエ10などの処理の軽いゲームであれば動作させることが出来るのです。グラフィック性能関係はかなり強化されているようです。これでメモリの容量が増えるともっと快適に動かすことが出来そうですね。

ただ、Photoshopはの動作はやらない方が良いと思います。Photoshop自体処理の重いソフトですし、メモリがないと簡単にフリーズしてしまうからです。スティック型パソコンに入れるなら軽いSAiやGIMPなどを入れてお絵かきしましょう。テレビにつなぐことが出来るので大画面でお絵かき出来るのはかなり迫力がありますよ。

Photoshopを動かす必要スペックとおすすめのパソコン

さすがにこれをメインで使うのは難しいにしても、サブやメインのパソコンが故障したときの代替機として使うなど割と持っているだけで便利だと思います。価格も安いですし、ぜひ一度触ってみてください。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。