燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / 気分転換にも便利な水彩画を始めてみよう

気分転換にも便利な水彩画を始めてみよう

描き方に詰まった時、画材やソフトを変えてみるのも良い練習方法になります。デジタルイラストばかり描いているのも良いですが、時々はアナログに挑戦してみたくはありませんか?今回は私も一時期かなりハマった水彩画をおすすめします。

水彩画は優しい風合いが特徴です。色使いや筆運びなどの練習にもなりますし、何よりきれいに描けると満足感がすごいです。簡単に始められるのでぜひ一回試してみてください。

水彩画を始める際に必要な道具は、紙と透明水彩絵の具や筆・筆洗、下書きに使う鉛筆や練り消しゴムなどです。絵の具は初心者用のセットであればそこまで価格は高くないです。紙に関してはどれでも良いわけではなく、「水張り」と呼ばれる行程が出来るタイプのものを選ぶ必要があります。

水彩画用紙の水張りの仕方

おすすめの透明水彩絵

透明水彩絵の具でおすすめなのは、一番有名なホルベインの透明水彩絵の具でしょうか。これは私も実際に使っていましたが、色伸びが結構良かったので使いやすかったです。

初心者からプロまで愛用者が多いのも使いやすさゆえなのでしょうか。ちなみに「トライアルシート」という全色が水彩紙に載せてある便利な商品も販売されているので、一緒に買っておくことをおすすめします。

ホルベインの透明水彩絵

おすすめの水彩色鉛筆


水彩画をやってみたいけどちょっと敷居が高い・・・という方には水彩色鉛筆というのがおすすめです。水彩色鉛筆とは文字通り水で溶ける色鉛筆です。描き方は普通の色鉛筆と同じなので、水彩画よりもかなり描きやすく、また取っつきやすい道具です。普通の色鉛筆では表現出来ない味わいを出すことが出来るのでなかなか楽しいですよ。

水彩色鉛筆でおすすめなのが、ステッドラーもしくはファーバーカステルです、どちらも世界中で愛用者がいる発色の良い水彩色鉛筆です。どちらもぼかしやすく、使い心地が良いので気にいった方を使っていただきたいです。まず水彩色鉛筆がどのようなものか知りたいならファーバーカステルの色鉛筆あたりが値段的にも良いと思います。

ファーバーカステルの水彩色鉛筆

一緒に持っておきたい水筆


ちなみに、水彩色鉛筆を使うのなら、水筆というアイテムを持っていると便利です。水筆とは、通常インクが入っているところに水を入れるので、色を伸ばす目的などで使われる筆です。これを使うと水彩色鉛筆で塗ったところを直接伸ばしていくことが出来ます。この方法が一番簡単で使いやすいのでおすすめです。

人気の水筆

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。