燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / Photoshopを使うならマスク塗りを極めよう

Photoshopを使うならマスク塗りを極めよう

Photosohopで色を塗るなら絶対に覚えておきたいのがマスク塗りです。今回はこのマスク塗りと呼ばれる手法について軽く説明します。ギャル下ー塗りをしたいのであれば、マスク塗りはほぼ必須になるので覚えましょう。

レイヤーはレイヤーマスクを設定することにより、レイヤーの各部を自由に半透明にしたり不可視にしたりする事ができますが、マスク塗りはその機能を利用します。

手順としては、(1)最初から一色で塗りつぶしておいたレイヤーにレイヤーマスクを設定し、いったん黒で塗りつぶしてすべてマスクされた状態にして、(2)マスク上で白のブラシで塗り、塗った部分だけマスク解除させて表示させていきます。
このような方法で塗ったCGをここでは「マスク塗り」と呼びます。

マスク塗りをイメージする際は、一色で塗りつぶされたレイヤーを、レイヤーマスクで形状を指定して実際の表示をコントロールしていると考えておいてください。ではなぜこのマスク塗りがギャルゲー塗りでは必須なのか、そのメリットを説明したいと思います。

メリットその1 何のレイヤーなのかがひと目でわかる

CGイラストのファイルは多くなると何百枚にもなりますよね。もしそのCGイラストを後から手直ししようと思った場合、直すレイヤーを探さなくてはいけません。これが最近自分で描いたものでしたら、なんとなくレイヤーを探すことができますが、他人の作業したデータから探す場合目的のファイルを探すのが一苦労になってしまいます。余計なことで時間を使いたくありませんよね。

そこでマスク塗りにすると、レイヤーパレットを眺めるだけでそれぞれのレイヤーが何色で塗られているのかひと目でわかり、塗りの形状も大まかに判断できるため、修正作業がストレスなくスムーズにできるのです。

メリットその2 塗りやすい&色の修正が簡単

マスク塗りでは「色選び」と「色を塗る」という作業を、完全に別のモノとして分けて作業することができます。

レイヤーマスク上では、塗りの形状は白と黒のグレースケール情報のみになるので、塗り作業時は白と黒の2色だけ考えてればよくなります。レイヤーを修正するたびに新しく色を選んだりスポイトで拾ったりしなくても良いので時間が短縮され、作業がしやすくなります。また、一色で塗り潰されたレイヤーのマスク度合いを決めるという塗り方のため、塗りムラや色ズレが起こりにくくなります。

また、マスク塗りだと色の調整が楽になります。レイヤーに直接塗った場合は色を変更して塗りつぶすなら、透明部分を塗りつぶしてしまわないよう「透明部分の保護」にチェックを入れてから塗りつぶさないといけません。

マスク塗りの場合、もともと一色で塗りつぶしたレイヤーを使用するので、色を変える時も単に新しい色で塗りつぶすか、色相・彩度で調整するだけです。

マスク塗りはPhotoshopで色を塗る際には必須のテクニックです。覚えて使いこなせるようにしておきましょう。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。