燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / イラスト道具は常にきれいにしておこう!デバイスのお掃除方法

イラスト道具は常にきれいにしておこう!デバイスのお掃除方法

パソコンのデバイスは非常に汚れやすいのを御存知でしょうか。常に手で触っているマウスやキーボードなどはもちろん、イラストを描くためのペンタブや液タブ、左手デバイスなんかもものすごく汚れています。

汚れをそのまま放置していると汚くて気分が悪くなりますよね。ペンタブや液タブなどは汚れを放置しておくと感知が悪くなったりもします。なるべくデバイス系統は小まめに掃除をしましょう。

キーボードは一番手と接しやすいので、垢がつきやすい場所です。キーボードの掃除方法はとっても簡単、全部キーを外して洗剤などでキーを洗い、キーの下をティッシュで拭いたりエアダスターなどでホコリを吹き飛ばします。

キーボードのキーを取り外すには専用の道具を使うと楽です。キーを洗う洗剤は台所用洗剤が良いかと思います。基本的に丸洗いできるタイプでない限りキーボードは分解清掃をします。

マウスは分解できないのでまず手で触れる部分の汚れを拭き取ります。汚れがひどい場合は、水か中性洗剤を含ませた布で落としてあげましょう。その後、裏のセンサー部分を乾いた布で拭きます。

このセンサー部分が汚れていると正常に作動しないことがあるので念入りに掃除をします。隙間に入っている汚れはエアダスターを使って吹き飛ばしましょう。ちなみにマウスホイールを念入りに掃除するならマウスを分解しなくてはいけないので、壊したくないのなら出ている部分を軽く布で拭く程度で良いと思います。

そして手汗がつきやすいペンタブや液タブですが、表面を拭くときは静電気防止布または軽く湿らせた布を使いましょう。洗剤などは故障になる原因なのでなるべく使わないように。隙間に入ったゴミはエアダスターで吹き飛ばし、周りは少し湿らせた布で汚れをさっと拭き取ります。

また、ペンも芯を使い続けるとペンタブや液タブの表面を傷つける原因になります。こまめに取り替えましょう。ちなみに専用の洗剤液やクリーナーもあるのでそちらを使うのも良いです。

汚れを放っておくと、ダニやカビが生えてしまう原因になり、最悪の場合故障してしまいます。掃除はこまめに念入りに行いましょう。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。