燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / 立体で絵を描く!3Doodlerが新しくなりました

立体で絵を描く!3Doodlerが新しくなりました

今回は3Dでイラストが描けるペンである「3Doodler」を紹介します。これを使うと空中に線を引いて絵が描けるちょっと面白いペンです。でもちょっと想像しているものとは違うかもしれません。

プラスチックを溶かして細い糸状にして、それを使って立体的に描くのです。空中にデジタルでお絵かきをするわけではありません。どちらかと言うと3Dプリンターに近いものでしょうか。もちろん触る事も出来ます。

プラスチックを溶かすといっても急速に冷やしているので熱くはありませんし、手の平サイズのものであればフィラメント1~2本ほどで作ることができます。といっても途中失敗しなければの話ですが。

一度だけ触ったことあるのですがかなり扱いが難しかったです。思った通りに線を引くことが出来ない上に消しゴムなどで消すことも出来ないですから仕方ないといえばそうなのでしょうが。ですが、空中に線が描けるようになるとかなり楽しく遊ぶことができました。

この3Dペン、少し前に話題になった際にはものすごく大きく重く、また中でプラスチックを溶かしているため音がすごいしていたのですが、新しくバージョンアップしました。大きさからして75%も小さくなっているので持ちやすさが断然違います。また、煩わしかった音もある程度小さくなっているようです。

価格も2万もしないので購入しやすいですね。消耗材であるフィラメントは25本で1500円ほどです。こういった3Dペンは将来的には空中でデジタルイラストなんかが描けるようになって欲しいものです。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。