燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / 2本指グローブを使って腱鞘炎防止と描き味を向上させる

2本指グローブを使って腱鞘炎防止と描き味を向上させる

液タブを使って描いているとき、手の汗などで上手く描きにくいなんて思ったことはありませんか?そのままでいると描きにくいばかりか、液タブの画面まで汚くなってしまいます。かといって手袋などをつけて絵を描こうとすると、ペンが持ちにくかったりしますよね。

そこでオススメなのが液タブ用の指グローブです。普通のグローブとは違い、ペンが持ちやすいように改良されています。2本指グローブだったり、3本指グローブだったりメーカーによって色々違うようになっているみたいです。

液タブの大手メーカーであるWacomは2本指グローブが出ています。液タブと接しやすい薬指と小指のあたりを摩擦の少ない布で覆うことで、描きやすさの向上を図っているようです。

始めはつけていると違和感があるかもしれませんが、だんだん慣れてきますし、ペン運びも快適になるのでかなり便利です。人気になるのも頷けます。また、液タブは一番小指と接しているので小指の辺りが痛くなりやすいのですが、その痛みもかなり緩和されるようになりました。

Smudge Guard 2本指グローブ

このWacomの2本指グローブは他社のものと比べても2倍以上は価格が高いのでためらうかもしれませんが、描き味の滑らかさ、素材などは比べものにならないくらい良いです。ただ、サイズがSとMしかないので大きめの手の方だと入らないのが不満点でしょうか。ともかく店頭などで見かけたら手に取っていただきたい一品です。

ちなみに通常の滑りの良いグローブや手袋を改造して使っている方もいるみたいです。ただ、作るとなると自分に合ったものにハサミを入れなきゃいけないのであまりおすすめはしません。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。