燈乃しえの備忘録- 絵師ノート公式ブログ -

ホーム / 燈乃しえの備忘録 / 身近なモノの色を吸い取ってインクにする不思議なペン「Scriblle Pen」

身近なモノの色を吸い取ってインクにする不思議なペン「Scriblle Pen」

身の回りにあるモノから色をスポイトのように吸い取って、インクとして再現して使うことのできる面白いペンがあります。

使い方は簡単で、ペン尻を色を吸いたいモノに近づけて、ボタンを押すだけです。これだけで、ペンのインクとしてすぐに使えますし、Bluetooth連携させれば、SurfaceやiPadなどのデバイスでも使うことができます。

なんでこんなことが出来るかというと、内部にRGBセンサーとインクカートリッジが組み込まれていて、モノの色彩を読み取ることで、プリンターと同じように色を調合してペンとして使うことが出来るのです。イラストツールのスポイト機能と全く同じようなイメージだと考えてくれればわかりやすいです。

USB充電で7時間ほど稼働が出来るようです。長時間の稼働が可能になっているわけですね。公式ページによると、ペン先のサイズは3種類ほどあるようで多彩な表現が可能になっているようです。

ちなみに、実際のインクを使って描いている以上、インク切れが発生します。インク切れが発生した場合、交換用のカートリッジを購入する必要があるので少し手間がかかってしまうので注意が必要です。

再現できる色の種類は16,000色以上になるそうです。気になるのであればぜひ試してみてはいかがでしょうか。


価格は、Scribble Pen(紙にも描けるインク内臓タイプ)が249ドル、Scribble Smart Stylus(インクが必要ないタブレットのみで使用できるタイプ)が119ドル。Scribble Pen用インクカートリッジの価格は25ドル未満になります。

おすすめの記事

タグ

絵師ノートとは

こんにちは!燈乃しえ(とうのしえ)です!絵師ノートはイラスト制作に役立つ情報をお届けします。イラスト制作の基礎知識、上達の方法、顔や背景の描き方など実践的な記事を取り揃えています。また、イラスト制作におすすめのクリエイター向けPCや周辺機器も紹介しています。